IIJ、Pixel 4のeSIM動作状況を発表。物理SIMとの組み合わせでアンテナピクト「×」も

スポンサーリンク

インターネットイニシアティブジャパン(IIJ)は、Goolgeの「Pixel 4」のeSIMを利用時の検証結果を、「てくろぐ」上で明らかに。

てくろぐ: Google Pixel4とIIJmio eSIM

10月に発売されたGoogle社Pixel 4シリーズに関連して、今年7月にβサービスを開始したIIJmioのeSIMに改めてご注目をいただいているようです。IIJでは継続的にeSIMに関する調査を行っていますが、いくつか気になる挙動が見かけられましたのでお知らせいたします。

IIJによると、Pixel 4でIIJのeSIMサービス単体利用に関しては問題が無いものの、物理SIM + eSIMの組み合わせで利用すると、アンテナピクトに「×」が表示されるなどの事象が発生するとのこと。

具体的には、IIJmioのタイプDまたはタイプAとeSIMを併用すると、設定によってはアンテナピクトが「×」となるほか、docomo SIMまたはau SIMとeSIMを併用すると、物理SIM側(=MNOのSIM側)で音声通話中にデータ通信が行えなくなる。

IIJでは、Pixel 4を販売していないものの、Pixel 4は国内モデルもeSIMに対応しており、リモートプロビジョニングに対応するeSIMサービスを提供する国内の通信事業者はIIJに限られるため詳細な情報を開示するのはありがたいところ。

デュアルSIM(eSIM + 物理SIM)で利用中の挙動については、今後のソフトウェア更新などによって改善される可能性があるものの、少なくとも現時点ではトラブルが発生する可能性があるので、Pixel 4をeSIM + 物理SIMのデュアルSIM構成で運用を検討中の方はご注意を。

GoogleストアでのPixel 4販売ページは以下にて。
Pixel 4 – Google がつくりたかったスマートフォン – Google ストア