HELLO CYCLINGが千葉市シェアサイクルの事業者に正式決定、2020年2月に本格開始

スポンサーリンク

千葉市(千葉県)は、「千葉市シェアサイクル事業」を共同実施する事業者に、HELLO CYCLINGを運営する「OpenStreet」が正式決定したことを発表。事業は2020年2月より本格開始する。

■海浜幕張駅付近のHELLO CYCLING
海浜幕張駅付近のHELLO CYCLING

千葉市のプレスリリースは以下にて。
「千葉市シェアサイクル事業」を共同実施する事業予定者が決定しました!
~ 更なる利便性の向上により公共交通を補完するサービスへ ~(PDF)

千葉市シェアサイクル事業概要

■実施期間
2020年2月1日 – 2025年3月末

■提案概要
提案概要
※上記PDFより抜粋

提案概要によると、事業開始から3年以内に単年度黒字化、5年以内に市内1,000にステーション以上・自転車台数3,000台以上の規模に拡大する計画が提案されている。

また、電動アシストつき自転車のバッテリー切れ対策として、充電ステーション導入による自動化(自動販売機や宅配ロッカーのベンダーと連携して電源を確保)するなど、現状の人力でのバッテリー交換以外の方法も計画しているという。

HELLO CYCLINGのWebサイトは以下にて。
HELLO CYCLING -どこでも借りられて好きな場所で返せる自転車シェア