ドコモの災害対策、全基地局に予備電源を装備、台風被害の千葉湾岸エリアを対岸の基地局から救済などの事例も

スポンサーリンク

ドコモは、「DOCOMO Open House 2020」でドコモの災害対策を紹介。

■ドコモの災害対策
ドコモの災害対策

災害時にサービスを中断、通信品質を低下させないための取り組みとして、重要施設(役場や災害拠点病院)をカバーする基地局には、商用電源が停止した際に自家発電できるエンジンを備えるほか、予備バッテリーを24時間→72時間へと大容量化している。

また、通常の基地局を含め全基地局で原則として予備電源を備え、災害発生などによる停電へ備えている。

■重要施設の基地局無停電化・予備バッテリーの24時間対応
重要施設の基地局の無停電化・予備バッテリーの24時間対応

このほか、令和元年(2019年)台風15号では、被害が大きい千葉県沿岸部エリアの復旧に、東京湾をまたいで対岸の三浦半島(神奈川県)側の基地局をチルト変更(アンテナ角度の変更)によって救済したことが明らかにされている。
※地図で確認する限り、千葉県浜金谷付近を救済した模様。

■千葉県湾岸エリアの復旧を対岸の三浦半島側から救済
ドコモ:台風15号で被災した千葉県のエリア復旧に対岸の基地局を活用

災害発生に伴う情報発信として、ドコモのネットワークにローミング接続中の訪日外国人に向けて、母国語のSMSを配信した事例も紹介されている。

■令和元年台風15号/19号の発生に伴い、訪日外国人向けのSMS配信
令和元年台風15号/19号の発生に伴い、訪日外国人向けのSMS配信

訪日外国人向けの災害関連SMSに関する詳細は以下エントリにて。

DOCOMO Open House 2020:災害時に訪日外国人向けに母国語のSMSを送信する仕組み
「DOCOMO Open House 2020」にて、災害発生時に訪日外国人向けにSMSを使った情報発信に関する展示が行われていたので、訪日外国人に向けて多言語のSMSを利用者に応じて配信する仕組みを聞いてみた。 ■訪日外国人向けの災害情報をSMSで発信(NTTドコモ) ...