東京メトロ24時間券・Tokyo Subway Ticket・東京フリーきっぷがPAMOやSuicaで利用可能に

スポンサーリンク

2.27 12:00 追記
Suicaに書き込み可能なチケットは「東京フリーきっぷ」 のみのため、関連箇所を修正しました。Twitterでのコメント、ありがとうございましたm(_ _)m


東京メトロは、東京メトロ24時間券、Tokyo Subway Ticket、東京フリーきっぷを、2020年3月14日(土)より、PASMOおよびSuicaでも利用可能にする。

これらのチケット情報が書き込みされたICカード(PASMO/Suica)を使うと、チケットの対象範囲の内外を跨いだ移動でも、ICカードの残高からの引き落としによって、自動改札で改札が通過できる。

ただし、定期券情報が書き込みされているPASMOおよびSuicaに、これらのチケット情報を書き込みすることはできない。

東京メトロ(東京地下鉄)のWebサイトでのお知らせは以下にて。

2020年ニュースリリース|東京メトロ

東京地下鉄株式会社(本社:東京都台東区、代表取締役社長:山村 明義、以下「東京メトロ」)では、お得な企画乗車券である「東京メトロ24時間券」・「Tokyo Subway Ticket」・「東京フリーきっぷ」を、2020年3月14日(土)から従来の磁気乗車券に加え、ICカード乗車券の「PASMO」でもご利用いただくことができるようになります。

PASMO/Suicaで利用可能になるチケット

対応ICカード チケット 販売価格 乗り放題エリア
PASMO 東京メトロ24時間券 600円(300円) 東京メトロ全線
Tokyo Subway Ticket 24時間:800円(400円)
48時間:1,200円(600円)
72時間:1,500円(750円)
東京メトロ全線
都営地下鉄全線
PASMO
Suica
東京フリーきっぷ 1,600円(800円) JR線(都区内)
東京メトロ全線
都営地下鉄全線
都バス(多摩含む)
さくらトラム全線
日暮里・舎人ライナー

※()は子ども料金。

今回と同様に、ICカードへの1日券の搭載は、2018年夏から都営地下鉄の「ワンデーパス」も対応している。

1日500円で都営地下鉄乗り放題「ワンデーパス」がPASMOで利用可能に。乗換や乗越精算が便利に
東京都交通局は、春/夏/秋/冬の各シーズンに発売している、都営地下鉄が1日500円で乗り放題になる「ワンデーパス」をPASMO向けに発売。 ■都営地下鉄の「ワンデーパス」がPASMO搭載可能に 従来は磁気乗車券(従来タイプの乗車券)に限られていたワンデーパスが、PASMOで...