モバイルSuica年会費がAndroidでも無料に。ケータイ向けサービスは提供終了

スポンサーリンク

JR東日本は、モバイルSuicaサービスの年会費を2020年2月26日から1,030円(税込)→無料に変更する。

JR東日本のプレスリリース(PDF)は以下にて。
モバイル Suica ⼀部サービスの変更および終了について (PDF)

モバイルSuicaサービスの年会費は、AppleのiPhoneおよび、モバイルSuicaを利用するためのクレジットカードに「ビューカード」を設定する場合のみ無料となっていた。2020年2月26日からは、利用する機種やクレジットカードの種別を問わず年会費が無料になる。

■年会費の無料化について
年会費の無料化について

このほか、ケータイ全機種および、Androidスマートフォンの旧機種向けのサービスが終了となる。ケータイ向けのサービス終了は2020年12月22日までに実施され、一部機種については2020年2月25日に終了となる。Androidの旧機種向けサービスは、2020年12月22日に終了予定。

これらの機種では、サービス終了に伴いモバイルSuicaにログインが必要な各種手続は利用できなくなる。ただし、Suicaの残高を使って鉄道に乗ったり、Suica決済の対応店舗での買い物には利用できる。また、店頭およびJR東日本のモバイル端末対応Suicaチャージ専用機でのチャージも可能。

ただし、サービス終了の対象機種でモバイルSuicaを使用中かつ、今後もモバイルSuicaサービスを使い続ける場合、サービス終了日の前に(ログインができなくなる前に)、モバイルSuicaアプリから「携帯情報端末の機種変更手続き」を行う必要があるので、古い機種(や、ケータイ)でモバイルSuicaを使い続けている方は要注意。

モバイルSuicaは、サービス開始以来ずっと年会費1,030円(税込)のサービスだったため、年会費の無料化で利用者数がどれだけ増えるのか?興味深いところ。

コメント

  1. 匿名 より:

    iPhone以外の端末でビューカード以外を設定した場合でも年会費無料になるのはいいけど、
    iPhone7以降でもオートチャージの機能はビューカード限定だと思いましたが違いました?
    途中で変わりましたっけ?リリースにはそこに触れてませんよねぇ。