ギガホ→ギガホ2へのプラン変更は解除料金「保留」、5月以降も60GB使える

スポンサーリンク

ドコモは、2020年1月1日より提供している「ギガホ増量キャンペーン」を4月30日で終了し、5月1日からは新たに「ギガホ増量キャンペーン2」を提供する。

■ドコモ:ギガホ増量キャンペーン
ドコモ:ギガホ増量キャンペーン

5月にスタートする「ギガホ増量キャンペーン2」では、2019年9月30日まで新規受付していた「ギガホ」(定期契約の解除料が9,500円)がキャンペーンの対象外となり、キャンペーンの対象プランは2019年10月1日にスタートした「ギガホ2」(解除料は1,000円)に限定される。

ギガホ増量キャンペーン、ギガホ増量キャンペーン2比較

項目 ギガホ増量キャンペーン ギガホ増量キャンペーン2
キャンペーン期間 2020年1月1日〜4月30日 2020年5月1日〜
キャンペーン特典 高速データ通信量が30GB→60GB
対象料金プラン ・ギガホ
・ギガホ2
・ギガホ2

キャンペーンの変更(終了)に伴い、2019年9月30日までに「ギガホ」を契約している場合、2020年5月にスタートする「ギガホ増量キャンペーン2」では、キャンペーンによるデータ通信量の増量が適用されない。

このため、2020年5月1日以降もキャンペーンでの増量を適用させるためには、2020年5月1日時点で「ギガホ2」を契約している必要がある。

「ギガホ」→「ギガホ2」へのプラン変更に関しては、「ギガホ」の定期契約の途中であっても契約解除に伴う解除料金は保留扱いとなり、「ギガホ2」への変更後も契約を継続することで、9,500円の解除料は発生しない。

ただし「ギガホ」の契約期間中に解約すると、9,500円の解除料が発生するので、ギガホ→ギガホ2に変更、その直後に解約することで解除料金を9,500円→1,000円に節約できる…という話ではない。ギガホの契約更新タイミングを過ぎると、解除料も1,000円のみになる。

料金プラン(ギガホとギガホ2)と、キャンペーン名称が非常に似通っているので若干わかりにくいものの、要点をまとめると、

・ギガホ→ギガホ2への料金プラン変更は解除料「保留」
・ギガホ2への変更後、ギガホの定期契約中(2年間)に解約すると解除料9,500円が発生する
※「ギガホ」および「ギガホ2」のどちらも定期契約(2年契約)を想定。

ドコモのギガホ→ギガホ2への契約変更は、ドコモオンライン手続より手続可能。(要:dアカウント)

契約内容・手続き | My docomo | NTTドコモ