【Amazon】東京23区・大阪・名古屋などで「デフォルト置き配」を開始

スポンサーリンク

Amazonは、一部のエリアで先行実施している(関連エントリ)、Amazonで注文した商品の配送方法を、2020年3月23日より東京都23区を含めた30都道府県を対象に、商品の配送方法を標準で「置き配」にする。

配送時のオプション設定により置き配以外の配送(受け取り)方法を指定することも可能。

Amazonのプレスリリースは以下にて。

Amazon Newsroom – Amazon、玄関への「置き配」を30都道府県で標準に

Amazon(所在地:東京都目黒区)は3月23日より、お客様のご注文時の配送オプションである「置き配指定サービス」を30都道府県(一部地域を除く)*で配送方法の初期設定として提供開始いたします。配送方法についてお客様からの特段のご意向がない場合、在宅でも留守でも玄関に商品をお届けします。お客様が置き配を希望されない場合は、注文画面を操作いただくことで、対面での受け取りも引き続き選択いただけます。

■提供開始日
2020年3月23日〜

■対象エリア
北海道、宮城県、福島県、新潟県、山梨県
茨城県、群馬県、栃木県、埼玉県、神奈川県
千葉県、東京都、愛知県、岐阜県、三重県
静岡県、滋賀県、京都府、大阪府、奈良県
兵庫県、岡山県、広島県、宮崎県、熊本県
佐賀県、鹿児島県、大分県、長崎県、福岡県
の一部

■対象商品
配送業者が「Amazon」と表示される商品の配送

一部エリアでの実証実験を踏まえて、対象となるエリアが大幅に拡大されている。対象となる商品は、Amazonで購入する商品のうち発送業者が「Amazon」と表示されるもの。

個人的には、Amazonで注文した商品を何度も「置き配」(玄関)で受け取りしているけれど、今のところ商品の盗難や破損などの事故はなく、受け取りに合わせて在宅する必要もないので、事故さえなければ非常に便利に商品が受け取りできる。