楽天モバイルの物理SIMをSIMフリーiPhoneで使う方法

スポンサーリンク

楽天モバイル(自社回線)のSIMカードを、iPhoneで使う方法のご紹介。

■楽天モバイル(自社回線)のSIMカードをiPhoneで使う
楽天モバイル(自社回線)のSIMカードをiPhoneで使う

楽天モバイルの物理SIMをiPhoneで使う際の手続きは、AndroidスマートフォンやモバイルWi-Fiルーターで利用するのと大きな違いは無く、モバイル通信の設定でVoLTEを有効にする点や、インターネット共有のAPNに「rakuten.jp」を指定する点などに気をつければok。

■楽天モバイルのSIMカードをiPhoneで使う
(1)iPhoneにSIMカードを挿入する
(2)メッセージに従って「モバイル通信プランを追加」する
(3)設定>モバイル通信>「VoLTE」を有効に
(4)「モバイルデータ通信」と「インターネット共有」のAPNに「rakuten.jp」を指定する

■モバイル通信>VoLTEを有効にする
VoLTEを有効に

■モバイル通信>APNに「rakuten.jp」を設定
APNに「rakuten.jp」を設定モバイル通信>APNに「rakuten.jp」を設定
(モバイルデータ通信と、インターネット共有のAPNを設定する)

楽天モバイル(自社回線)とiPhoneの組み合わせで、音声通話、データ通信、テザリングが利用できるものの、楽手モバイルの提供する「楽天Link」についてはiOS向けに提供がされていないため、同アプリを通じた音声通話・メッセージ・SMSは利用できない。

楽天モバイルの「Rakuten UN-LIMIT」は、自社基地局に接続中はデータ通信量が無制限になるほか、au基地局に接続中のデータ通信量も2GB→5GBに、容量超過後の通信速度も発表当初の128kbps→1Mbpsに高速化(それぞれ4月22日以降)するため、プラン発表の時点と比べて容量・速度共に改善されている。

月額料金(税別2,980円)が無料になるので、楽天モバイルの自社ネットワークのエリア外の方でも、「ローミングエリアで5GB使えるSIMが1年間無料」と割り切って使うのもアリ。なお、楽天モバイルの動作確認ページによると、iPhone 8以前のiPhoneでは楽天モバイルの通信サービスが利用できない模様。

楽天モバイルのサービス詳細・申込は以下にて。
→スマホからの申込も可能。