【GoToトラベル】12月28日〜1月11日は全国で一時停止、キャンセル料は無料に

スポンサーリンク

菅義偉総理大臣は、観光支援事業「Go To トラベル」を全国で一時停止することを発表した。

■「Go To トラベル」全国で一時停止(12月28日-1月11日)

対象期間は2020年12月28日〜1月11日で、1月12日以降の延長可能性については、追って発表される。(制限が延長される可能性もある)

管総理大臣の会見(2020年12月14日)は以下にて。

Go To トラベル:全国一斉で一時停止

■対象期間
2020年12月28日 – 2021年1月11日

■対象エリア
全国(47都道府県)

■制限内容
出発:事業の助成対象外
到着:事業の助成対象外

なお、12月28日からの一斉停止に先駆け、名古屋市では12月14日〜12月27日まで、東京都では12月18日〜12月27日の間、両都市を目的地とする旅行も、事業の助成対象外となる

事業の助成対象外となる期間の旅行を既に予約している場合、その旅行のキャンセルに係るキャンセル料は原則として無料になる。

「Go To トラベル」事業のWebサイトに掲載されたキャンセル料の扱いは以下にて。
Go To トラベル事業の取扱いについて

「Go To トラベル」年末年始は全国で一時停止

「Go To トラベル」事業のWebサイト(旅行者向け)は以下にて。
旅行者向け Go To トラベル事業公式サイト