スマホを機種変更&環境移行で「COCOA」が無効になった

スポンサーリンク

Androidスマートフォンを機種変更したので、メーカーが提供する環境移行ツールを使ってアプリ・データなどなどを移行したところ、機種変更後(環境移行後)のスマートフォンでは、新型コロナウイルス(COVID-19)感染者との接触通知を受け取る「COCOA」が無効になっていた。

■機種変更後の環境移行で「COCOA」が無効に
機種変更後の環境移行で「COCOA」が無効に

機種変更後も「COCOA」を再度有効にするためには、スマートフォンで「COCOA」を起動し、アプリ上で表示されるダイアログを確認のうえ、「ONにする」を選択する必要がある。(OSによって詳細なフローが異なる可能性あり。)

■機種変更に伴う環境移行で「COCOA」が無効に
機種変更に伴う環境移行で「COCOA」が無効に

「COCOA」アプリを有効にしたスマートフォンでは、Bluetoothが無効になるなど「COCOA」が動作しない状態になると、アプリが正常に動作しない旨のダイアログが表示されるものの、スマートフォンの機種変更などに伴う環境移行では、ユーザーが自発的に「COCOA」アプリを起動して有効にするまで無効になっているケースがあるので、各自ご注意を。

環境移行に伴い「COCOA」が無効になってしまう問題(仕様?)は、2020年9月17日に配信されたiOS 14.0またはiOS 14.1でも発生した。

2020年11月15日時点で最新版であるiOS 14.2では解決している可能性があるものの、機種変更やバックアップからの復元を行った場合は「COCOA」が有効になっているか、再度アプリを起動して確認することをオススメ。

厚生労働省の注意喚起は以下にて。

Android版(Google Playから配信)のダウンロードは以下にて。
新型コロナウイルス接触確認アプリ (日本厚生労働省公式) – プレビュー版 – Google Play のアプリ

iOS版(App Storeから配信)のダウンロードは以下にて。
「新型コロナウイルス接触確認アプリ」をApp Storeで