au、UQ mobileがMNP転出時の手数料を完全撤廃、2021年4月から

スポンサーリンク

KDDIと沖縄セルラーは、auとUQ mobileから他社へ転出する際の事務手数料(MNP転出手数料)を、2021年4月1日より完全撤廃する。

KDDIのプレスリリースは以下にて。

「携帯電話番号ポータビリティ」の手数料を廃止 | 2021年 | KDDI株式会社

KDDI、沖縄セルラーは、「携帯電話番号ポータビリティ」(MNP) を利用して、au・UQ mobileから他の通信事業者に乗り換える際の手数料 (MNP転出手数料) 3,000円を、店頭・ウェブ窓口・お客さまセンターの受付窓口に関わらず、2021年4月1日に廃止します。

MNP転出の手続が行える、電話・Web・お客様センター(電話)の全てのチャネルで、現在は3,000円(税別)の事務手数料を無料にする。なお、2021年3月31日までにMNP予約番号を取得し、4月1日以降に転出した場合は無料の対象となる。

MNP転出手数料は、ドコモが2021年4月1日から、ソフトバンクとワイモバイルが2021年春から撤廃する予定。