Amazon、新「Fire HD 10」と「Fire HD 10 Plus」発表、アプリの2画面表示サポート・キーボードカバーセットも

スポンサーリンク

Amazonは、オリジナルタブレット「Fire HD 10」と、「Fire HD 10 Plus」を発表した。4月27日より予約受付を開始し、2021年5月26日に発売する。

新モデルの「Fire HD 10」は、2GHzのオクタコアプロセッサ + 3GB RAMを搭載し、前世代に比べてアプリの起動など複数の処理を素早く行える。また、「Fire HD 10 Plus」には4GB RAMを搭載するなど、従来モデルからスペックアップしている。

新機能として、2画面(分割表示)に対応するFacebook MessengerやPrime Videoのようなアプリを同時に表示できる。

Fire HD 10の販売ページは以下にて。

「エッセンシャルセット」として、Microsoft 365 Personal(Officeなど)の1年版と、取り外し可能なキーボード付きカバーのセットも用意される。販売価格は24,980円から。

「Fire HD 10エッセンシャルセット」の販売ページは以下にて。

「Fire HD 10 Plus」は、通常モデルと比べてRAMが4GB増量されているほか、ワイヤレス充電に対応する。

ワイヤレス充電スタンドを利用すると、タブレットのShowモードが有効になり、Alexa搭載のスマートディスプレイとして使用できる。同モードに移行するのは(恐らく)専用のワイヤレス充電スタンドのみ。

Fire HD 10 Plusの販売ページは以下にて。

子ども向けの「Fire HD 10キッズモデル」には、「Amaozn Kids+」で数千点のコンテンツが1年間使い放題になる。コンテンツには、絵本、学習漫画、児童書や、文字・数字の学習アプリが含まれる。

Fire HD 10を保護するキッズカバーが付属するほか、水濡れや画面故障などが発生した場合も、2年間は無償で取替の対象となる。

Fire HD 10 キッズモデルの販売ページは以下から。