「 国内線 」一覧

LCC国内線、支払手数料 + 空港使用料の合計金額は1年間で最大4.4倍に値上げ – 「低価格」のメリットが薄れる

LCC国内線、支払手数料 + 空港使用料の合計金額は1年間で最大4.4倍に値上げ – 「低価格」のメリットが薄れる

『低価格』がウリのLCCの国内線で『運賃以外』の搭乗者負担が直近1年間で大きくなり、2014年4月1日と2015年4月8日を比較すると、最も金額差が大きい「バニラエア」では支払手数料 + 空港使用料の合計金額(片道、1区間あたり)が200円 → 880円と、4.4倍に値上がりして...

ANA、国内線の特典航空券の必要マイル数を最低7,500 → 5,000マイルに引き下げ 4月24日搭乗分より

ANA、国内線の特典航空券の必要マイル数を最低7,500 → 5,000マイルに引き下げ 4月24日搭乗分より

ANAは、国内線の特典航空券(片道)の交換に必要となるマイル数を最低7,500 → 5,000マイルに引き下げることを発表。4月24日以降の搭乗分が対象となる。 加えて、従来はANAカード会員およびAMCモバイルプラス会員限定となっていた1マイル単位でのANA SKY コインへ...

NO IMAGE

バニラエア:国内線で自動チェックイン機によるチェックインが可能に

バニラエアは、国内線のチェックインに自動チェックイン機によるチェックインのサービスを提供開始。成田空港などに自動チェックイン機を設置する。 国内緯線利用で受託手荷物が無い場合は、自動チェックイン機によってチェックインを行えば、直接保安検査場(セキュリティチェック)に進むことが可...

NO IMAGE

成田空港国内線、LCC利用でも空港使用料を徴収の方向へ:往復で900円前後か

Help PointさんのBlogエントリにて知った情報。 成田空港を発着する国内線の利用時に、空港使用料を徴収する方向で検討が進められていると、日経新聞が報じている。 日経新聞の報道は以下より。 成田空港、国内線も利用料徴収 1人往復800円程度  :日本経済新聞 成田国...

セブ・パシフィック航空 国内線&国際線が1ペソ/片道になるセールを開催!日本 〜 マニラの運賃は1円/片道!

セブ・パシフィック航空 国内線&国際線が1ペソ/片道になるセールを開催!日本 〜 マニラの運賃は1円/片道!

フィリピンを拠点にするLCC、セブ・パシフィック航空はフィリピン国内線&国際線の全線が運賃1ペソ(約2.5円)になる激安セールを、同社の会員である『CEBCLUB』会員限定で開催中。販売期間は6月1日まで、搭乗期間は9月1日 〜 12月15日まで。 セブ・パシフィックは2014...

Peach、国内線&国際線全線が対象のセールを開催!関空 〜 成田が2,780円、関空 〜 香港が5,980円など

Peach、国内線&国際線全線が対象のセールを開催!関空 〜 成田が2,780円、関空 〜 香港が5,980円など

関空を拠点とするLCC、Peach(ピーチ)は、5月14日(水)0:00より国内線&国際線の全路線を対象にしたセールを開催することを予告。搭乗期間は5月後半から7月中旬まで(路線によって異なる) 国内線では那覇 〜 石垣が980円/片道、国際線では大阪(関空) 〜 釜山が2,7...