Twitter、ツイートがどんなサイトに埋め込まれているかわかる機能を追加

スポンサーリンク

Twitterの『サイトの埋込ツイート』として利用されているツイートに『関連のヘッドライン』という情報が表示され、ツイートがどんなサイトで引用あるいは紹介されているかがわかる機能が追加されている。

Twitterの公式Blogでのお知らせは以下より。

Twitterブログ:  「関連のヘッドライン」

ツイートの「詳細」をクリックしてパーマリンク(そのツイートに割当てられたURL)を開くと、そのツイートがどのような話題のページに埋め込まれているのかがリンクの一覧で表示されます。そのツイートの背景にどんなことがあったかをよりわかりやすくしました。

今回追加された『関連のヘッドライン』はツイートに対する『バックリンク一覧』のようなものと言えるかも。

『関連のヘッドライン』はTwitterの公式サイトで利用が可能となる模様だけれど、スマートフォン向けのTwitterアプリなどなどで利用可能になるかは不明。

…ただ、現時点では過去にBlogエントリの中で紹介したツイートで『関連のヘッドライン』を確認することができなかったので、最新のツイートから徐々に適用範囲が拡大していくのか、あるいはニュースサイトなど特定の許可されたドメインのみ『関連のヘッドライン』に表示される仕様となっているのかも。