ドコモの『海外1Dayパケ』は利用開始から23時間30分時点でSMSによる通知&24時間経過後は自動的に通信停止

ドコモの『海外1Dayパケ』利用開始操作後の挙動に関するメモ。

『海外1Dayパケ』は利用開始から23時間30分経過時点で『間もなく有効期間が終了する』という旨を知らせるSMSが届く。

■『海外1Dayパケ』の有効期限が迫っていることを知らせるSMS
『海外1Dayパケ』の期限間近を知らせるSMS

SMS内容にも記載がある通り、利用開始から24時間経過後はパケット通信が自動的に停止される仕様となっているため、24時間経過後もついうっかりパケット通信を行ってしまうことによる『パケ死』の心配が無いのは安心できる。
※再度パケット通信を行うためには『海外1Dayパケ』の利用再開手続が必要となる。

ただ、唯一不思議なのは『海外1Dayパケの有効期限が切れた』という内容のSMSは送信されないため、ユーザが最後に受け取るのは23時間30分を経過した時点でのSMS(上記内容)となる。

個人的には海外1Dayパケの有効期限が切れたことや、パケット通信を再開するためには再度利用開始操作を行う必要があることを知らせるSMSが送られても良いのでは。と思ったり(^ ^;

…と思ったけれど、自分が受信したSMSの最後は『月日:配信/日本時間』となっており、恐らく本来は日時が記載された内容で送信されるべきSMSが正常に送信されていない可能性も考えられるので、正常フローでは有効期限終了後のSMSも送信されているのかも。

何はともあれ、『海外1Dayパケ』の利用開始操作から23時間30分経過後にSMSで通知が行われること&利用開始から24時間経過後は、自動的にパケット通信が切断されることが確認できた。