テレコムスクエア、マレーシア向けに4G LTE対応のモバイルWi-Fiルータレンタルを開始!

スポンサーリンク

海外向けのモバイルWi-Fiルータのレンタルなどを行う『テレコムスクエア』が、マレーシア向けに4G LTE対応のモバイルWi-Fiルータのレンタルを開始。レンタル料の700円/日は据置のまま、より高速な通信サービスが利用可能となる。

テレコムスクエアのプレスリリースは以下より。

マレーシア4G LTEのWi-Fiルーターをレンタル開始 | 海外携帯、スマートフォン、wifiレンタルならテレコムスクエア

当社は2014年5月9日、モバイルWi-Fiルーターレンタル「Wi-Ho!(ワイホー)」にマレーシア専用4G商品を追加します。これにより当社の4G商品取扱い数は14地域となり、2013年12月のメキシコ専用4G商品の追加以来、業界最多のラインアップを維持しています。

マレーシア向けのモバイルWi-Fiルータのレンタルで提供される端末はHuaweiのE5776をベースにした端末で、テレコムスクエアの端末一覧で見る限り、現地でのネットワーク事業者はDiGiとなっている模様。

レンタルされる端末一覧については、以下ページにて確認可能。

モバイルWiFiルーターの端末スペック | 海外用のWiFiレンタルならワイホー
モバイルWiFiルーターの端末スペック 海外用のWiFiレンタルならワイホー

テレコムスクエアのレンタル料(マレーシア)は700円/日となっており、携帯電話各社の提供する海外ローミングでの定額サービス(最大で2,980円/日)と比べると安価。

なお、マレーシアの国際ローミングサービスでは、ドコモが既にLTEによるルーミングサービスを提供しており、マレーシアのMaxisのネットワークでLTEを利用可能。

国名・都市名・機種から調べる | サービス・機能 | NTTドコモ
国名 都市名 機種から調べる サービス 機能 NTTドコモ

MaxisはプリペイドSIMでもLTEサービスを提供しており、現地で使用することができた。(SIMカードの交換が必要になるなど、それなりに手間だった…)
関連エントリ:マレーシア MaxisのプリペイドSIMでLTEサービスを使用!SIMカードの交換手続に注意/通信速度は下り35Mbps超えも | shimajiro@mobiler

モバイルWi-Fiルータのレンタルは、現地でのプリペイドSIMの購入や、対応するSIMフリーのモバイルWi-Fiルータの入手などなどを事前に行うのが面倒。という方に特にオススメ。

テレコムスクエアのモバイルWi-Fiルータレンタルは以下より。
韓国、中国などアジア12カ国のwifi利用料金 – テレコムスクエア