WiMAXからWiMAX 2+へ乗り換え時の注意点まとめ

WiMAX 2+対応のモバイルWi-Fiルータ『NAD11』が6月20日(金)より発売されるのに合わせて、WiMAXからWiMAX 2+への乗換を検討する方も多いかなと思うので、初代のWiMAXからWiMAX 2+へ乗り換える際の注意点をまとめ。

  1. 契約期間は二年間が基本/契約期間中の解約金は値上がり
  2. WiMAXサービスはもともと、年間契約が必要ない『UQ Flat』が基本的な料金プランとして提供されており、年間契約の『UQ Flat 年間パスポート』はサービス提供開始後しばらくしてから追加されたプランで、当初のWiMAXには契約期間は原則として縛りが無かった。

    一方で、WiMAX 2+では基本的に契約期間が二年間(UQ Flatツープラスなど)となっており、現在のWiMAXの契約で一般的になった一年間から、更に長くなっている。加えて、契約期間中の解約に対する解約金も従来よりも高く設定されている。

    ■二年間の契約期間中の解約金:UQ Flatツープラス
    〜 13カ月目:19,500円(税抜)
    14カ月目 〜 25カ月目:14,000円(税抜)
    26カ月目以降:9,500円(税抜)
    ※UQコミュニケーションズの例。

    『契約期間は二年間が基本』となっているのは、ドコモなどの大手キャリアのデータ通信向けサービスと同じだけれど、契約期間中の解除料は最大で19,500円(UQコミュニケーションズの場合)と、従来よりも高額になっている点は注意が必要。

  3. WiMAX 2+の『通信量無制限』は契約から二年間のみ保証
  4. WiMAXサービスの最大の特長である『通信量無制限』は、WiMAX 2+が利用できる『ハイスピードモード』利用時は契約から二年間となっており、契約から二年間経過後は『速度制限がかかる場合がある』と明記されている。

    ■WiMAX 2+は契約から二年経過後は速度制限の可能性あり
    選べる3つの通信モード|UQ WiMAX|超高速モバイルインターネットWiMAX2
    掲載元:選べる3つの通信モード|UQ WiMAX|超高速モバイルインターネットWiMAX2+

    WiMAX 2+対応機種は、WiMAX 2+を使わない『ノーリミットモード』にも対応しており、ノーリミットモードについては従来のWiMAXサービスと同様に、期間の限定などは無く通信量無制限となっているけれど、WiMAX 2+で通信量無制限が保証されているのは、契約から二年間のみ。

    ただ、この点については『契約から二年間が経過したら解約する』ことを前提にしていれば大きな問題にはならない。とも言えるので『WiMAX 2+についても基本的には通信量無制限』と考えても差し支え無いかなと思う(^ ^;

  5. WiMAXからWiMAX 2+への機種変更は原則不可能
  6. WiMAXからWiMAX 2+への乗り換えにあたって、いわゆる『機種変更』のようなメニューは特に用意されていないので、現行のWiMAX契約者は年間契約が切れるタイミングなどでWiMAXサービスを解約した上で、あらたにWiMAX 2+サービスを契約するのが通常フローとなる。

    また、WiMAX 2+を新規契約した後に別の機種を購入するという意味での『機種変更』も現状は用意されていないのでWiMAX 2+では購入した機種を二年間使う。というのが原則となる。

    この点は基本的には初代のWiMAXサービスと同じではあるけれど、WiMAX 2+では契約期間が基本的に二年間と、初代のWiMAXサービスよりも契約期間が長くなっており、なおかつ今後は通信速度の高速化(下り最大220Mbpsなど)にも対応予定となっている中で、契約してから二年間同じ機種を使う必要がある。というのは今後改善されると良いなと思っているところ。

  7. 機器追加オプションなどは今のところ提供なし
  8. WiMAXサービスでは、1つのWiMAX契約を複数の機器から利用可能になる『機器追加オプション』や、1契約で同時にインターネット接続が可能なWiMAX端末が2台までに増やせる『ファミ得パック』などが提供されていたけれど、これらのオプションサービスはWiMAX 2+向けには提供されていないので、WiMAXサービスで機器追加オプションを使っていた方や、ファミ得パックで2台のWiMAX端末を同時に利用する必要のある方は、WiMAX 2+への乗換が難しい。

    WiMAX 2+対応機種は、利用者の認証にSIMカードを利用している。ドコモのMVNOでは、OCNなどが『容量シェアSIM』としてSIMカードの追加オプション(有料)を提供しているので、WiMAX 2+の対応端末が増えてきたら、同じようなオプションが提供されると嬉しいところ。
    ※現時点でWiMAX 2+に対応するモバイルWi-FiルータはHWD14とNAD11の二機種のみなので、提供する意義が薄いかなとは思うけれど、今後様々な機種が出る頃には機器追加オプションが追加されたらいいなと。

  9. 機種によってはWiMAXの電波の掴みが悪いことも
  10. WiMAX 2+に対応する初のモバイルWi-Fiルータとして発売された『Wi-Fi WALKER WiMAX2+ HWD14』は、WiMAXの電波が弱い状態でも通信が安定する『WiMAXハイパワー』に非対応となっていたため、WiMAXで利用可能なエリアは従来の機種(WM3800RやURoad-Aeroなど)と比べて狭くなっており、利用するエリアによってはこのデメリットが大きく影響していたように思う。

    WiMAX 2+対応のモバイルWi-Fiルータの第二弾となる『Wi-Fi WALKER WiMAX2+ NAD11』では、WiMAXハイパワーにも対応しているので、スペック的には従来のWiMAX端末で利用可能だったWiMAXエリアに加えて、WiMAX 2+エリアではWiMAX 2+での通信が可能になっている。WiMAX 2+に対応する端末がWiMAXハイパワーに対応するのは初めてなので、WiMAXハイパワーでのWiMAXエリア + WiMAX 2+のエリアではより高速な通信ができることに期待したいところ。
    ※とは言え、端末によって通信性能に差はあるため、例えばURoad-Aeroと比較して移動中のWiMAX接続性が悪い。ということはあり得る。

  11. 公衆無線LANサービスは7月25日より提供開始
  12. WiMAXサービス向けには、追加料金なしで利用できる公衆無線LANサービス『UQ Wi-Fi』が提供中となっているものの、WiMAX 2+契約者向けの公衆無線LANサービスは『UQ Wi-Fiプレミアム』が7月25日より提供予定となっており、現時点ではWi-Fiサービスを利用することができない。

    WiMAXとWiMAX 2+に同様だけれど、公衆無線LANサービスは提供するWiMAX事業者によってサービス内容が異なっているため、例えばWiMAX 2+の契約でも『UQ Wi-Fiプレミアム』はUQコミュニケーションズの契約者向けのサービスであり、MVNOの契約ではUQ Wi-FiやUQ Wi-Fiプレミアムを利用することはできないので、このあたりはUQコミュニケーションズのサービスとMVNOのサービスを整理して考える必要がある。

そんなわけで、いくつか注意すべき点があるのは事実ではあるけれど、WiMAXユーザがWiMAX 2+に乗り換えて大きな不満を抱くことが無さそうな端末(少なくともスペック面では)がNECアクセステクニカから登場した。ということの裏返しでもあるので、新発売となるNAD11には期待したいなと。

新発売となるNAD11のキャンペーンでは、クレードルセットで端末代が1円&14,000円のキャッシュバックまたはNexus 7がプレゼントされる@nifty WiMAXがオススメなので、最後にご紹介まで。

@nifty WiMAXのキャンペーンページは以下より。

コメント

  1. kenkura より:

    はじめまして。
    私もWimax2=NAD11契約したんですが、
    2年間まるまる無制限というわけではなくて
    2015年4月以降は3日で1GBを超える場合、4日目に
    混雑エリアで回線速度を落とす可能性がある、と言われました。

    http://setsuzoku.nifty.com/promo/vccam/wimax.htm?cm_mmc=AF-_-VC-_-VC-_-WiMAX&re_adpcnt=171_2F

    このページの「帯域制限について」の「直近3日間のデータ通信量の合計による帯域制限について」というところに書かれています。

    ご存知かもしれませんが念のため…。