インドネシアのビザ代がUSD 35に値上がりしていた

スポンサーリンク

インドネシア、ジャカルタのスカルノハッタ国際空港にて到着ビザを取得したところ、ビザ代が従来のUSD 25からUSD 35へ値上がりしていた。

インドネシアには、年に1度ぐらいは訪問していることもあって、ビザ代についてはUSD 25という認識だったため『え?うそ???ぼったくり?』と思いつつ、アレコレと質問を投げたものの、どうも嘘をついているわけでも無かったので、しぶしぶUSD 35を支払い。
(自分以外の外国人も、同じ金額のビザ代を支払っていることを確認した)

ビザ代の領収書の金額には『USD 25』と書かれており『やっぱりぼったくり?』と思いつつ、領収書をよーく見てみると、その上にスタンプで『USD 35支払い済み』という趣旨のスタンプが押されていた。

■領収書はUSD 25のまま変わりが無いけれど、USD 35を支払った旨のスタンプが押された
インドネシアのビザ代がUSD 35に値上げ

というわけで、USD 35に値上がりしたのかなぁ…。と思いつつツイートをしていたところでところで教えて頂いたのが、7月3日より30日間有効のビザ代がUSD 35に値上げされた。というニュース。

インドネシア共和国観光クリエイティブエコノミー省公式ページ ニュース

■ インドネシアへご入国する際に必要なビザ代金が本日7月3日より改定されました。30日間有効の到着ビザ(VOA)は35米ドルに改定されました

政府の発表により、本日2014年7月3日よりインドネシアのビザ代金が改定され、これまで25米ドルであった30日間有効の到着ビザ(VOA)は35米ドルとなりましたのでご案内致します。

入国したジャカルタのスカルノハッタ国際空港では、その場で両替を行ってビザ代を支払うことも可能だったけれど、値上げしたことを知らないと困ることもあるかなと思うのでご注意を。

その後、日本大使館にもビザ代値上げの情報が掲載されたので追記。

インドネシアへの入国・滞在 – 在インドネシア日本国大使館

また、2014年7月3日より、当国入管法の改正により到着ビザの料金が25USドルから35USドルに変更となりました。当分の間、領収書の金額は手書きで修正されるとの事ですので、ご注意ください。

そんなわけで、インドネシアへ入国する予定のある方はご注意を。

コメント

  1. […] インドネシアのビザ代がUSD 35に値上がりしていた […]