インドネシア:モバイル回線接続中の広告強制表示が無くなっていた

スポンサーリンク

インドネシアの通信事業者「Telkomsel」のSIMカードを使ってインターネットを利用していると、本来サイト側で掲載していない位置やタイミングで広告が表示されることがあったけれど、2015年9月にインドネシアを訪問したところ、同様の広告が表示されることが無くなっていた。

インドネシアの「Telkomsel」にて強制的に広告が表示されていた件は以下エントリにて。
関連エントリ:インドネシア、Telkomsel回線でWebサイトを閲覧すると強制的に広告が表示される | shimajiro@mobiler

過去の例では、モバイルWi-Fiルータやスマートフォンのテザリング機能を使ってPCからWebサイトを閲覧している際に、本来表示しようとしていたサイトとは関係の無いサイトが表示された上に、なおかつ勝手にアプリケーションがダウンロード開始されるなど、かなり強引な手法で広告が表示されることもあった。

■PCでブラウジング中に強制的に表示された広告
Telkomselで表示された広告

インドネシアでは、各キャリアがプリペイドSIM向けにも4G LTEサービスを提供開始しており、通信環境さえ良ければ快適にモバイルインターネットを利用することが可能。入国時に必要だった到着ビザについても、2015年6月から実施されているビザ免除によって到着ビザ代が不要となっているのも嬉しいところ。
関連エントリ:インドネシア、日本を含む30か国向けのビザ免除を開始 – 対象空港は5空港のみ | shimajiro@mobiler