インドネシア、Telkomsel回線でWebサイトを閲覧すると強制的に広告が表示される

スポンサーリンク

インドネシアのモバイル通信事業者『Telkomsel』の回線を使ってWebサイトを閲覧していると、強制的に広告が表示されることがある。

AndroidスマートフォンからChromeを使って表示された広告は以下。

各Webサイトが、ヘッダ部分に広告を掲載すること自体は全く珍しく無いものの、通信事業者側で強制的にに広告を挿入するというのは、日本では違法になるので考えられない。

■Webサイトのヘッダ部分に広告が表示されている
スマートフォン向けサイトの画面上部に広告

更に驚いたのはPC向けの広告で、特定のWebサイトを閲覧しようとすると、広告のページが強制的に表示され、広告ページに異なる『SKIP』というボタンを探してクリックしないと、本来閲覧しようとしていたサイトを表示できる。

■PCのWebブラウザで表示された広告
Telkomselで表示された広告

場合によっては強制的にアプリケーションのダウンロードが開始される例(上記画像)もあり、気がついたらアプリケーションのダウンロードが終わっていた。ということもありそう。

というわけで、海外の通信事業者によっては利用者の意図と関係の無いタイミングで強制的に広告を表示させる事業者もあるので、意図せずダウンロードされたアプリケーションなどの取扱いにはご注意を。
⇒自分の経験では、いまのところインドネシア以外の通信事業者で強制的に広告が表示された例は無い。