ANAマイレージクラブ、Webサイトでのログイン時パスワードを『英数字8〜16桁』に変更

ANAは、『ANAマイレージクラブ』のログイン時に必要になるパスワードを現行の数字4桁から『英数字8〜16桁』に変更する。

オンラインでのログインについては12月3日までは移行期間として現在のパスワード(数字4桁)も利用可能、12月4日以降は新しいパスワード(Webパスワード)のみの利用に切り替わる。
※現行のパスワードは、電話による問い合わせや空港に設置されている自動チェックイン機にて引き続き必要となる。

ANAマイレージクラブでのお知らせは以下より。

ANA公式ホームページにおける「Webパスワード」の導入について│ANA SKY WEB

この度、ANAマイレージクラブ(AMC)会員の皆さまに安心してANA公式ホームページでのオンライン・サービス(ログインや各種お手続き・マイレージ交換など)を
ご利用いただくため、現行のパスワード(AMCパスワード)とは異なる「Webパスワード」を新たに導入いたします。
なお、2014年12月3日まではご案内、移行期間として現行のAMCパスワード(数字4桁)もお使いいただけますが、
2014年12月4日以降は「Webパスワード」のみのご利用に切り替わります。

ANAマイレージクラブのパスワードの変更についてはセキュリティの強化が目的。従来のANAマイレージクラブでは、iTunesギフトコードへの交換サービスにおいて不正と思われるログインが確認されており、iTunesギフトコードへのマイル交換についてはサービスが停止されている。

航空会社のログイン認証については、JALがマイレージ番号 + 数字4桁でログインを行ったあと、生年月日8桁を入力する『二段階認証』に対応することを発表している。

JALのお知らせは以下より。

JAL – JALホームページにおける2段階認証の実施について

JALマイレージバンク(JMB)会員の方に安心してJALホームページのサービスをご利用いただくため、一部機能のご利用時に、生年月日による2段階認証を実施しております。
2段階認証の対象となる機能をご利用の際には認証画面が表示されますので、画面表示に従い生年月日(西暦8桁)のご入力をお願いします。

両社共に、従来の『数字4桁』と比べればセキュリティは強化されているようには感じるものの、JALの生年月日データを利用した二段階認証については、SNSなどでの入手がそれほど難しく無い情報だけに、セキュリティ面でどれだけ効果があるのかは疑問が残る。