テレコムスクエア 羽田空港で訪日外国人向けにプリペイドSIMの販売を開始

モバイルWi-Fiルータのレンタルなどを行うテレコムスクエアは、羽田空港国際線ターミナル内に『モバイルセンター羽田空港 2階到着ロビー店』を8月28日よりオープンし、モバイルWi-Fiルータや携帯電話のレンタルに加えて、訪日外国人向けにプリペイドSIMカードの販売を開始することを発表。

テレコムスクエアのプレスリリースは以下より。

羽田空港にて訪日外国客向けプリペイドSIMカード販売|株式会社テレコムスクエアのプレスリリース

今回、到着ロビーに新規オープンする店舗は、訪日外国客をメインとしており、SIMフリー端末のユーザーに対応するようプリペイドSIMカードの販売もおこないます。グループで行動される方には、複数台のWi-Fi対応機器を接続できるWi-Fiルーターのレンタルを、データ通信容量の少ないライトユーザーにはプリペイドSIMカードを、というようにお客様のニーズに沿ったラインアップを用意しています。

販売する訪日外国人向けのプリペイドSIMカードの詳細は不明となっているものの『データ通信容量の少ないライトユーザにはプリペイドSIMカードを』としているため、So-netのPrepaid LTE SIMまたは、通信量が1日あたり100MBまでの『U mobile プリペイドSIM』などを販売するものと思われる。
※実際に販売が開始されたら、訪問して確認する予定。

テレコムスクエアは、国内だけでなく海外でも積極的に展開しており、台湾の桃園国際空港内では日本向けのモバイルWi-Fiルータのレンタルが行われていた。

■台湾 桃園国際空港のテレコムスクエアが貸出している端末
テレコムスクエア

海外滞在中に、モバイルインターネットが使えると旅行が飛躍的に便利かつ楽しむことが出来るようになるので、日本を訪れる外国人客にも使いやすいモバイルインターネット環境が整って欲しいなと。

テレコムスクエアのモバイルWi-Fiルータレンタルについては以下より。

アジア12か国はレンタル料金が700円/日に設定されているので、各キャリアの提供する海外ローミング(最大1日2,980円)と比べて安価に利用できる。

海外用定額制モバイルデータ通信(テレコムスクエア)