ソフトバンクモバイル、CAに対応し下り最大165Mbsp対応のモバイルWi-Fiルータ『303ZT』を投入へ

ソフトバンクモバイルは、モバイルWi-Fiルータの新機種『Pocket WiFi 303ZT』を発表。また、ほぼ同様の仕様で法人向けには『304ZT』を発売することを発表。両機種共に9月下旬以降に発売される予定。

■下り最大165Mbps対応のモバイルWi-Fiルータ『303ZT』
ソフトバンクモバイル303ZTを投入へ

発表時点では、キャリアアグリゲーション(以下、CA)に対応する初のモバイルWi-Fiルータで、下り通信速度は最大で165Mbpsとなり、通信速度についても国内で最速となる見込み。

ソフトバンクのプレスリリースは以下より。

キャリアアグリゲーションに対応したモバイルWi-Fiルーター「Pocket WiFi 303ZT」を開発 | ソフトバンクモバイル株式会社 | グループ企業 | 企業・IR | ソフトバンク

ソフトバンクモバイル株式会社は、キャリアアグリゲーション(以下「CA」)に対応し下り最大165Mbps※1の超高速通信を実現するモバイルWi-Fiルーター「Pocket WiFi SoftBank 303ZT」(ZTE製)を開発し、2014年9月下旬以降に発売します。

Pocket WiFi 303ZTの特長は以下。

(1)キャリアアグリゲーション対応により下り最大165Mbpsに対応(上りは最大10Mbps)
(2)モバイルWi-Fiルータとしては初の『SoftBank 4G LTE』に対応
(3)Wi-Fiは802.11ac (5GHz帯)に対応。通信速度の高速化&安定化

303ZTの対応するモバイルネットワークは以下。

W-CDMA方式(2.1GHz/900GHz)
FDD-LTE方式(2.1GHz/1.7GHz/900MHz)
AXGP方式(2.5GHz)

なお、FDD-LTEの900MHz帯(ソフトバンクモバイルの言う『プラチナLTE』)は、2014年9月時点で利用可能なエリアはごく一部に限られ、対応エリアは順次拡大予定。とされている。

303ZTは、ソフトバンクモバイルとしては初のCA対応端末である他、同社のモバイルWi-Fiルータでは初のSoftBank 4G LTE(FDD-LTE)対応、Wi-Fi側の802.11ac対応など、多くの新機能に対応している。

端末の発売については2014年9月下旬以降の予定ながらも、303ZTの料金プランなどの詳細については未定となっているとのこと(ケータイWatchの記事より)
※他キャリアの例を見る限り、現状と変わらないような気がするけれど…

ソフトバンク、下り最大165Mbpsのモバイルルーター「Pocket WiFi 303ZT」 – ケータイ Watch

キャリアアグリゲーションが導入されたことで料金はどうなるのか、現時点では未定とのこと。

なお、同時に発表された法人向けのモバイルWi-Fiルータ『304ZT』では、対応するモバイルネットワークが若干異なっている。
※W-CDMAで対応する周波数帯が事なる。理由は不明。

303ZT(個人向け)/304ZT(法人向け)の対応ネットワークの違い

通信方式 303ZT 304ZT
W-CDMA 1.7GHz 2.1GHz/900GHz
FDD-LTE 2.1GHz/1.7GHz/900MHz 2.1GHz/1.7GHz/900MHz
TD-LTE 2.5GHz 2.5GHz

303ZTは、通信速度の高速化などなど、ソフトバンクモバイルの発売するモバイルWi-Fiルータとしては久々に大きめの機能追加が行われていので、機会があったら利用してみたいなと。