台灣大哥大、4G LTE対応のプリペイドSIMを9月1日より提供開始 – LTEは容量制限あり

スポンサーリンク

台湾の通信事業者『台灣大哥大』(台湾モバイル)は、4G LTE対応のプリペイドSIMカードの提供を9月1日より提供開始することを発表。

台湾モバイルが提供する4G LTE対応のプリペイドSIMカードは、300台湾ドル(約1,050円)でインターネット接続が1.2GB&音声通話が100台湾ドル、500台湾ドル(約1,700円)でインターネット接続が2.2GB&音声通話が195台湾ドルなどのプランが提供される。

台灣モバイルおよび台湾の通信事業者が3G向けに提供している『容量無制限』のインターネット接続とは異なり、4G LTE対応サービスでは容量制限が行われる。

台湾モバイルのプレスリリースは以下より。
台灣大4G新資費、4G預付卡9/1搶先上市

■提供開始日
2014年9月1日

■SIMカード代金
300台湾ドル(約1,050円) インターネット接続 1.2GB + 通話100台湾ドル
500台湾ドル(約1,700円) インターネット定額 2.2GB + 通話195台湾ドル

■4G LTE対応インターネットパッケージ
1.2GB 180台湾ドル(約630円) 有効期間30日間
2.2GB 300台湾ドル(約1,050円) 有効期間30日間
5GB 699台湾ドル(約2,400円) 有効期間90日間

3GのプリペイドSIMカードを契約しているユーザは、4G LTE対応のインターネットパッケージを申込することで、4G LTEの利用が可能となる模様。(SIMカードの交換が必要か?など詳細は不明)

台湾の通信事業者で4G LTE対応のプリペイドSIMカードを発売するのは台湾モバイルが初となる見込み。台湾の通信事業者は、2014年6月より順次LTEサービスを提供開始しているものの、プリペイドSIMカード向けに4G LTE対応サービスの提供予定をアナウンスしているのは現時点で台湾モバイルのみ。

ただ、4G LTEの開始が各社予定を前倒ししたように、台湾モバイル以外の通信事業者についても近いタイミングで4G LTE対応のプリペイドSIMカードを提供開始するものと思う。

台湾モバイルでは、サービス提供開始の9月1日に、より詳細な情報を公開する予定となっているので、詳細がわかり次第追記していく予定。