ソフトバンクモバイル『アメリカ放題』の利用方法を公開 – ネットワーク検索は自動設定、データローミングOFFで利用

スポンサーリンク

ソフトバンクモバイルは9月19日(金)より、米国スプリントのネットワークに接続することで、米国内でのデータ通信&音声通話が無料(スマ放題加入時)になる『アメリカ放題』(通常980円/月)を提供開始。対応機種はiPhone 6/6 Plusの2機種。

サービスの提供開始に合わせて、詳細な利用方法などが公開されている。

アメリカ放題 – ソフトバンクモバイル

「アメリカ放題」は、ソフトバンクの iPhone 6、iPhone 6 Plusをご利用のお客さまが、アメリカ本土やハワイなどに滞在時、スプリントのネットワークでの通話やSMS、データ通信に日本国内の料金を適用するオプションサービスです。
※ スプリントネットワーク以外でのアメリカ国内の発信・着信は有料です。

音声通話定額の『スマ放題』に加入した状態で、米国内でスプリントのネットワークに接続すると、日本の携帯電話や固定電話宛の通話と、アメリカ国内の携帯電話や固定電話宛の通話が定額対象(無料)となるほか、着信についても日本からの着信&米国内での着信が共に無料となるので『普段日本で使っているのと同じように』データ通信&音声通話が利用可能となる。

■アメリカ放題の無料対象通話(米国滞在中)
アメリカ放題 国際サービス サービス モバイル ソフトバンク

上図のように、スプリントのネットワークに接続している状態では、日本国内宛の通話も米国内宛の通話も無料(スマ放題契約時)となるため『アメリカ滞在中』であるということを気にせずに、国内宛&現地での音声通話を利用できるようになる。

従来の海外ローミングサービスでは、データ通信の定額サービスは最大2,980円/日で提供されていたものの、音声通話については従量制であり、なおかつローミング中の通話料は非常に高く設定されていた。

『アメリカ放題』では、データ通信だけでなく音声通話を含めて『米国滞在中である』ことを理由にユーザが追加の料金を支払う必要が無いという点で、非常に画期的。
※アメリカ放題の利用料は980円/月となっているものの、キャンペーンにつき無料で提供されている(終了期限未定)

なお『アメリカ放題』はあくまでも『米国滞在中にスプリントのネットワークに接続中』に利用可能なサービスであり、日本に滞在中に米国向けの音声通話などが定額になるわけではない点にご注意を。