ミャンマーの観光ビザをオンライン申請する方法

スポンサーリンク

ミャンマーに観光で入国するためのビザがオンラインで申請&取得できるようになったのでオンラインで申請してみた。(なお、システムは2014年9月1日より稼働し始めたばかり)

ミャンマーのビザ申請は以下より。
Myanmar eVisa (Official Government Website)

オンラインでのビザ申請費用はUSD 50となっており、国内にある大使館での申請した場合の4,000円と比べて若干割高に設定されているものの、大使館を訪れる必要が無く、パスポートも送る必要が無い上に、24時間いつでも申請できる点などはオンラインの方が利便性が高いので、オンラインで申請をしてみた。

オンラインでの申請の流れは以下。

■『Apply eVisa』をクリックする
Myanmar eVisa Official Government Website

■『ブラウザのポップアップブロックを無効にしてね』というメッセージ
Myanmar eVisa Official Government Website

ブラウザのポップアップブロックを無効にするように促すメッセージが表示されるので、ブラウザのポップアップブロックは無効にした方が無難。
…なんだけど、実際にChromeで試してみたところ、ポップアップブロックを有効にしたままで問題無く申請はできた。

■申請するビザの種類などを選択する
Myanmar eVisa Official Government Website

・国籍
・ビザの種類
・入国する空港
・画面に表示されている文字列

を入力する。2014年10月2日現在、ビザの種類についてはツーリストビザ(USD 50)のみ、オンラインで申請可能となっている。

■利用条件など
Myanmar eVisa Official Government Website

利用条件などを確認のうえ『I Agree』をクリックして進む。

■パスポート情報などを入力する
Myanmar eVisa Official Government Website

・姓名
・現住所
・パスポート情報
・ミャンマーでの滞在先
・顔写真

などを入力/登録してアップロードする。

この画面の入力項目の詳細については、以下のBlogエントリに詳しい解説が書いてあるのでご紹介まで。
ミャンマーのビザがオンラインで申請できるようになったみたい – ウェブさえ

■入力した申請内容を確認する
Myanmar eVisa Official Government Website

入力した申請内容に誤りが無いかを確認する。

■申請するビザタイプなどの確認
Myanmar eVisa Official Government Website

申請するビザタイプなどに誤りが無いかを確認する。

■カード情報を入力する
ENETS Internet Payment Services

クレジットカード情報(MASTER/VISAのみ)を入力する。

■支払完了画面
Myanmar eVisa Official Government Website

支払が完了すると、上記画面が表示される。

支払が受付されると、入力したメールアドレス宛にメールが送信される。
申請から1時間以内にメールが送信されない場合は要問い合わせとのこと。

If you do not receive notification email from us within 1 hour, please contact us with your Application Number and Passport Details.

■申請受付メール
申請受付メール

受付番号(Application Number)と、支払番号(Payment Reference Number)が記載されており、このメールを受信した後はApplication Numberまたはパスポート情報を入力することで、ステータスを確認することが可能。

ステータス確認方法は以下。

■Status Enquiry
Myanmar eVisa Official Government Website

■受付番号(Application Number)またはパスポート番号を入力する
Myanmar eVisa Official Government Website

■受付状況が表示される
Myanmar eVisa Official Government Website

ビザ取得から入国までの流れとしては、メールにて送信されるレターを、ミャンマー入国時に空港で提示すればokとのこと。(実際に確認できたら追記する予定)

ビザのオンライン申請については、全体的にかなりカンタンに入力ができるようになっており、海外サイトでの通販などの経験があればハードルは高く無いと思う。

ミャンマーのビザ申請は、ミャンマー大使館でも受付しているものの、大使館を訪問してビザを取得する場合は、最低でも2回(同日は無理)大使館を訪れる必要があるのと、申請に必要な書類を準備するのがやや手間なので、個人的にはオンラインでの申請が非常に便利。

なお、ミャンマーのビザ取得について代行を依頼した場合、例えば旅行代理店のH.I.Sでは20,000円/一人の料金が発生するので、自らオンラインで取得した方が費用を抑えることが可能。

■ミャンマーのビザ取得代行費用:H.I.Sの場合
H I S 手配代行手数料 検索結果 ミャンマー 東日本ビザセンター ビザ手配代行サービス

なお、申込を平日に行ったところ、翌日(約24時間後)にはビザが取得できていることがオンラインにて確認できた。

■ビザ取得は24時間ほどで完了していた
Myanmar eVisa Official Government Website

そんなわけで、ミャンマーを訪問する際のビザ取得(観光ビザ)については電子取得がカンタンで手続も早く終わるのでオススメ。(ただし、公式には5営業日前後の時間が必要となっているので、電子申請の利用者が少なくたまたま早かっただけ。という可能性は捨てきれない)

申込を行った日から数えて2日目のお昼にはメールにてレターが送信され、添付ファイルを印刷してミャンマー入国時に提示するようにと説明が書かれていた。

■レターに添付されていた入国ビザ(観光ビザ)
EVisa Your Visa Application Result

『ビザを印刷して持ってくるように』という注意書きの通り、ヤンゴン空港で入国時には紙に印刷されたビザの提示を求められたので、オンラインでビザを取得した場合、印刷して持っていくことをお忘れ無く。

■ヤンゴン空港にてミャンマー入国