インドネシア人向けのビザ免除を12月より実施 – IC旅券の事前登録が必要

スポンサーリンク

アジアトラベルノートさんのBlogエントリにて知った情報。

外務省は、インドネシア人が日本に入国する際のビザ免除を12月1日より実施することを発表。

IC旅券を持つインドネシア人がビザ免除の申請を事前に行うことで、インドネシア人の15日以内の短期滞在にビザが不要となる。ビザ免除の手続の手数料は無料、登録までの日数は原則2業務日となっている。

外務省のお知らせは以下より。

インドネシア国民に対するIC旅券事前登録制によるビザ免除 | 外務省

本年9月30日に発表したインドネシアIC旅券を所持するインドネシア国民に対する事前登録制によるビザ免除に関しては,本年12月1日から下記のとおり運用を開始します。

2014年11月現在、日本人がインドネシアに入国する場合はビザが必要。インドネシアのビザ代は2014年7月より値上げされており、ジャカルタのスカルノハッタ国際空港ではUSD 35が必要。ただし、日本人がインドネシアに入国する際のビザ免除については2015年中に開始予定と報じられている。(インドネシアからの公式な発表は無し)

なお、インドネシア側のビザ免除については2015年1月より、オーストラリア、中国、日本、韓国、ロシアを対象に行われる方針であると、Jakarta Postが報じている。

No visas required for 5 major RI visitors | The Jakarta Post

In a bid to boost the number of foreign tourists, Indonesia will officially waive visa requirements for visitors from Australia, China, Japan, South Korea and Russia wishing to travel to the country, starting in January 2015.

日本 〜 インドネシア間を直行便で結ぶLCCは現時点で就航していないけれど、2014年12月より就航を開始するインドネシア・エアアジアXによってバリ島(あるいはジャカルタ) 〜 成田などのルートが直行便で開設される可能性は高そうで、インドネシア&日本間のビザ免除の動きに期待したいところ。