Xperia Z3がソフトバンクでも発売 – 端末総額は約70,000円、MNP契約なら実質価格は9,000円以下

スポンサーリンク

ソフトバンクは、Sony製のAndroidスマートフォン『Xperia Z3』を11月21日より発売。ソフトバンクオンラインショップでの販売価格は端末代が約70,000円、通信料からの割引である『月月割』の総額は新規&機種変更約30,000円、MNPで約60,000円となる。

ソフトバンクオンラインショップでのXperia Z3の販売ページは以下より。

■Xperia Z3販売価格
新規契約:本体代 69,120円/月月割 ▲29,520円(1,230円/月)/実質価格 39,600円
機種変更:本体代 69,120円/月月割 ▲29,520円(1,230円/月)/実質価格 39,600円
MNP契約:本体代 69,120円/月月割 ▲60,240円(2,510円/月)/実質価格 8,880円
※機種変更の『月月割』は前回機種変更から2年以上経過時の金額を記載。

Xperia Z3は、ソフトバンクモバイルとしては初のSony製のAndroidスマートフォンで、Xperiaシリーズのスマートフォンを利用したかったソフトバンクユーザとしては嬉しい新機種の登場と言えそう。

Xperia Z3はドコモおよびKDDIからも発売されており、他社と比べるとソフトバンクモバイルの本体価格は安め。本体価格重視で購入する場合はソフトバンクモバイルからの購入もあり。

なお、Xperia Z3のSIMフリー版はExpansysにて約66,000円で販売されている。(価格は11月22日現在)
Sony Xperia Z3 D6653 (SIMフリー LTE, 16GB, Black) – Expansys