台湾で発売中のZenPad 8.0、LTE版は技適マークあり

スポンサーリンク

台湾にて販売が開始された「ZenPad」シリーズの8インチ版、LTE対応モデル(Z380KL)は技適マーク表示が可能だった。

■台湾で販売中のZenPad 8.0(LTE対応版)
台湾で販売中のZenPad 8.0(LTE対応版)

■技適マーク表示が可能
技適マークあり

■ZenPad 8.0(Z380KL)カタログ
ZenPad 8.0(Z380KL)

■ハードウェア情報など
ハードウェア情報など

■ZenPad 8.0モデル情報
品名:ZenPad 8.0
型番:Z380KL(P024)
価格:8,990台湾ドル(約35,000円)

台湾にて発売中のZenPad 8.0は、少し前にWi-Fiモデルを触ったところ「かなりパフォーマンスが悪い」という印象を受けたけれど、改めて店頭のデモ機を確認してみたところ、以前の状態よりもパフォーマンスが改善されており、大きなストレスは感じないレベルに改善されていた。

LTE対応版のZenPad 8.0(Z380KL)は、Wi-Fi版よりもスペックの高いCPUを搭載しているため、その分だけパフォーマンスも良好。と店頭のスタッフによる説明があったけれど、Wi-Fi版とLTE版で極端に大きな差は感じなかった。というのが30分程度デモ機を触ってみた感想。(負荷の大きな使い方をすれば変わってくるかもしれないけれど。)

ASUSは、日本向けにもZenPadを投入予定とみられており、都内でブロガーなど向けに製品のプレゼントを含む先行体験会を開催することを予告している。
関連エントリ:ASUS、日本未発売のZenFoneやZenPadの先行体験会を開催!ブロガーなど85名を募集、製品プレゼントも実施 | shimajiro@mobiler

ASUSのZenPad 8.0紹介ページは以下より。
ASUS ZenPad 8.0 (Z380KL) | Tablets | ASUS Global