台湾の亞太電信、4G LTE対応プリペイドSIMカードを販売開始 – 300台湾ドルでデータ通信1.5GBなど

スポンサーリンク

台湾の亞太電信は、4G LTE対応のプリペイドSIMカードを2015年7月24日より販売開始。既に桃園空港の第2ターミナルカウンターにて販売しているプリペイドSIMに加えて、街中の亞太電信のショップでもプリペイドSIMカードが購入可能となった。但し、容量無制限プランは空港カウンターのみの取扱いとなっている。

亞太電信のプレスリリース(中国語/繁体字)は以下より。

新聞中心 最新消息 – GT 智慧生活

亞太電信4G LTE行動預付卡正式開賣
創新業界資費 網內・網外・市話均一價2元/分 
開通再送30天網內通話免費 數據儲值獨家加碼贈送等額網內通話費

亞太電信のプリペイドSIMは300台湾ドル、500台湾ドルの二つが用意される。
プリペイドSIM向けの商品内容は以下。

[300台湾ドル]
販売価格:300台湾ドル
データ通信:1.5GB
音声通話:120台湾ドル分
有効期間:30日間

[500台湾ドル]
販売価格:500台湾ドル
データ通信:2.5GB
音声通話:200台湾ドル分
有効期間:30日間

■亞太電信4G LTE対応プリペイドSIM 販売価格
亞太電信:4G LTE対応プリペイドSIM販売価格

データ通信用のリチャージカードは、180台湾ドル/300台湾ドル/699台湾ドルの3種類が用意されるほか、音声通話用のリチャージカードが300台湾ドルにて販売される。

■リチャージカードの種類と価格
180台湾ドル:データ通信1.2GB + 亞太電信向けの通話90分
300台湾ドル:データ通信2.2GB + 亞太電信向けの通話150分
699台湾ドル:データ通信5.0GB + 亞太電信向けの通話349.5分
300台湾ドル:音声通話専用(300台湾ドル) + 音声通話50台湾ドル分

■リチャージカードの種類と価格
リチャージカードの種類と価格

亞太電信のショップは「三創数位生活園区」内にあるので訪問してみたところ、既にプリペイドSIMカードの販売は開始されていることは確認できたものの、パスポート以外にも台湾の運転免許証などの身分証が必要。とのことで残念ながらプリペイドSIMカードを購入することは出来なかった。

■亞太電信(三創数位生活園区)
亞太電信のショップ(三創数位生活園区)

■亞太電信プリペイドSIMパッケージ
亞太電信プリペイドSIM パッケージ

そんなわけで、旅行者が利用するプリペイドSIMとしては、桃園空港にて購入可能な容量無制限のプリペイドSIMカードの購入をオススメ。

桃園空港にて購入可能な亞太電信のプリペイドSIM(データ容量無制限)は以下にて。
【台湾】桃園空港で亞太電信のプリペイドSIMを購入 – データ通信量無制限で4G LTEが利用可能! | shimajiro@mobiler