ASUS ZenPad 8.0 Wi-Fi版を台湾で購入してみた

スポンサーリンク

ASUSが台湾などの地域で販売中の「ZenPad 8.0」のWi-Fi版を、台湾で購入したので購入情報のまとめ。

■購入情報
購入商品:ZenPad 8.0 Wi-Fiモデル
製品型番:Z380C (ASUS公式サイト)
購入価格:4,990台湾ドル(約20,000円)
購入店舗:台北 三創数位生活園区にあるASUSショップ

■三創数位生活園区のASUSショップ
PanPad 8.0を販売していたASUS Shop

7月中旬の時点では「店頭のデモ機を触ってモッサリだった」という印象を受けたけれど、その後ファームウェアの更新によって「残念なレベルでのモッサリ感」は解消されており、個人的には問題無く実用的に使えるレベルのパフォーマンスになっていたので購入。

7月中旬に店頭のデモ機を触った際の印象については以下エントリにて。

ASUS、台湾でZenPad 8.0を販売開始!4,990台湾ドル | shimajiro@mobiler

ZenPadシリーズは前々から気になっていたのと、スタッフの「今日から発売された」という言葉で、かなり購入意欲が高まったけれど、実際にZenPad 8.0を触ってみるとパフォーマンスの悪さ(モッサリ感)がかなり気になったので購入には至らず。

■購入したZenPad 8.0(Z380C)
購入したZenPad 8.0
購入したZenPad 8.0

ZenPad 8.0 Wi-Fiモデルは日本では発売予定がアナウンスされていないけれど、台湾で販売されているZenPad 8.0 Wi-Fi(Z380C)には技適マークが表示されていた。

■技適マーク(Z380C)
ZenPad 8.0(Z380C)に技適マークあり
※なお、台湾で販売中のZenPad 8.0は、LTE対応版のZ380KLについても同様に技適マークが表示されていた。(関連エントリ)

ZenPadシリーズは、アクセサリ類も豊富に発売される予定となっている。ZenPad 8.0に関しては、本体カラーはホワイトの方が高級感があって良かったのだけれど、デモ展示されている本体ブラック + ZenCaseオレンジの組み合わせが凄く気に入ったので、ZenCaseのオレンジを組み合わせることを前提にブラックを購入。なお、ZenCaseのオレンジは8/5時点で販売されていなかった。

■ASUSショップでのZenPad + ZenCaseのデモ展示
ASUS ZenPad
ASUS ZenPad

なお、台北の三創数位生活園区にあるASUSショップはPayPass決済に対応しており、海外でiD/PayPassを使うことで適用される30%キャッシュバック(上限金額は毎月10,000円)のキャンペーンの対象となる。海外でのiD/PayPassを利用によるキャッシュバックキャンペーンは以下エントリにて。
関連エントリ:海外で「iD/PayPass」を使うと毎月最大で10,000円が還元されるキャンペーンが11月末まで延長 | shimajiro@mobiler