UQ、4*4で下り220Mbps対応のモバイルWi-FIルータ「WX02」を11月20日(金)に発売

スポンサーリンク

UQコミュニケーションズは、4*4 MIMOにより最大220Mbpsに対応するモバイルWi-Fiルータ「Speed Wi-Fi WX02」(以下、WX02)を発表。ホワイトを11月20日(金)より、ブラックを11月27日(金)より、それぞれUQコミュニケーションズおよびMVNO各社にて発売する。

UQコミュニケーションズのプレスリリースは以下より。

下り最大220Mbps対応の新Wi-Fiルーター「Speed Wi-Fi NEXT WX02」登場! | UQ WiMAX|超高速モバイルインターネットWiMAX2+

UQコミュニケーションズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 野坂章雄、以下UQ)は、下り最大220Mbpsの高速モバイル通信を実現するモバイルWi-Fiルーターの新シリーズとして、「Speed Wi-Fi NEXT WX02」(製造元:NECプラットフォームズ、以下WX02)を、2015年11月20日(金)(注1)より、UQオンラインショップおよびMVNO各社にて順次販売することをお知らせいたします。

WX02は、2015年3月発売の「WX01」のマイナーチェンジ版と言える。両機種共に4*4 MIMOに対応し、下り通信速度は最大で220Mbps。(初代)WiMAXをサポートしている点も同様。

WX02の新機能としては省電力機能の「バランスモード」が追加されている。バランスモード設定時は、電池残量が一定値以下になり一定時間通信が無かった場合に、WiMAX 2+の通信速度を下り110Mbpsに制限することで連続通信時間が延長される。WiMAX 2+での連続通信時間は、ハイパフォーマンスモードで約440分、バランスモードで490分、エコモードで約600分となる。

その他の新機能としては、直近3日間の通信量をワンタッチで確認できる機能が搭載されていると、ITmediaの記事に情報が掲載されている。WiMAX 2+は、直近3日間の通信量が3GBを超過した場合に通信速度制限を実施している。

UQ、4×4MIMO対応のルーター「Speed Wi-Fi NEXT WX02」を11月20日に発売 – ITmedia Mobile

WiMAX 2+での通信は、2015年4月から「3日間で3Gバイト」の制限がなされているため、WX02では、ワンタッチで直近3日間の通信量を確認できる機能も搭載した。

その他、WX02の主要スペックは以下。

■Speed Wi-Fi WX02主要スペック
通信方式:WiMAX 2+/WiMAX
通信速度:下り最大220Mbps / 上り最大10Mbps (WiMAX 2+接続時)
通信速度:下り最大13.3Mbps / 上り最大10Mbps (WiMAX接続時)
Wi-Fi:IEEE8902.11ac/11n/11a(5GHz) 11n/11g/11b(2.4GHz)
サイズ:幅110mm * 高さ 66mm * 厚さ 9.3mm
重さ:約95g
同時接続台数:Wi-Fi接続時 10台/Bluetooth接続時 3台/USB接続時 1台
バッテリ容量:2,500mAh
連続通信時間:440分 – 600分(Wi-Fi接続時/モードによって異なる)
連続通信時間:540分 – 720分(Bluetooth接続時/モードによって異なる)
カラー:ホワイト/マットブラック
クレードル:対応

WX02は、前モデルであるWX01と比べてスペック上の通信速度改善や、大幅な連続通信時間の改善などは無く、マイナーチェンジ版と言える。現行のWiMAX 2+対応モバイルWi-Fiルータでは、WX01の連続通信時間(ハイパフォーマンスモードで6時間40分)がW01の連続通信時間(約8時間)と比べて、スペック以上に短く感じることが多いので、WX02ではこのあたりが改善されていることにも期待したいところ。

UQコミュニケーションズのサービス申込は以下より。
超速モバイルネットWiMAX 2+