台北 桃園空港 第一ターミナルで入国審査前に各キャリアのプリペイドSIMカード購入が可能に!

スポンサーリンク

台北の空の玄関口である桃園国際空港 第一ターミナルにて、入国審査前に各キャリアのカウンターが設置され、入国審査を受ける前にプリペイドSIMカードが購入可能となっていた。

■台北 桃園空港 第1ターミナル 入国審査前に各キャリアのカウンターがオープン
台北 桃園空港 第1ターミナルにSIMカードカウンターがオープン

SIMカードカウンターは、中華電信、台灣大哥大、遠傳電信の大手3社だけでなく、亞太電信、台湾之星のカウンターも設置されており、合計で5社のプリペイドSIMカードを購入することができる。

■亞太電信、台湾之星も購入可能
亞太電信、台湾之星も購入可能

各キャリアの各カウンターの営業時間は10:00 – 20:00。2015年9月26日よりオープンしたとのこと。

第一ターミナルの入国審査前にプリペイドSIMカードが購入可能となったことで、桃園空港で購入可能となったSIMカードの一覧は以下。

■桃園空港にて購入可能なSIMカード
[第一ターミナル 入国審査前]
・中華電信
・台灣大哥大
・遠傳電信
・亞太電信
・台湾之星

[第一ターミナル 入国審査後]
・中華電信
・台灣大哥大
・遠傳電信

[第二ターミナル 入国審査前]
・亞太電信
・台湾之星

[第二ターミナル 入国審査後]
・中華電信
・台灣大哥大
・遠傳電信

第一ターミナルの入国審査前に5社のプリペイドSIMカードが購入可能となったことで、第一ターミナルから入国しても第二ターミナルから入国しても、5社のプリペイドSIMカードが購入可能になった。

なお、SIMカードの販売価格やデータ通信の定額料金については第一ターミナル・第二ターミナルで共通。

■中華電信
中華電信の料金プラン
■台灣大哥大
台灣大哥大の料金プラン
■亞太電信
亞太電信:プリペイドSIMの料金プラン

台湾:桃園空港で買える 4G LTE対応プリペイドSIMのプランまとめ

利用期間 中華電信 台灣大哥大 遠傳電信
3日 NTD 300 NTD 300 NTD 300
5日 NTD 300 NTD 300 NTD 300
7日 NTD 500 NTD 500 NTD 450
10日 NTD 500 NTD 500 NTD 500
15日 NTD 700 NTD 1000
30日 NTD 1000

※代金はSIMカード代込み、各日数で最も安いプランのみ記載。
※データ通信量は全て使い放題、各キャリア4G LTE対応、通話残高については割愛。