据置型のWiMAX 2+対応ルーター「URoad-Home2+」白ロムが13,000円以下に値下がり

スポンサーリンク

WiMAX 2+対応機種の中で(個人向けでは)唯一となる据置型のWi-Fiルータ「URoad-Home2+」の白ロム価格が13,000円以下に値下がり。

URoad-Home2+は、下り通信速度こそ最大110Mbps(WiMAX 2+の最新機種は下り220Mbps)に留まるものの、WAN側は「超高性能アンテナ」によりWiMAX 2+の電波を掴みやすく、またWi-Fi側もモバイル向けのWi-Fiルータと比べて出力が大きくなっているので、WiMAX 2+を固定回線代わりに使っている方にはオススメ。

ただし、初代のWiMAXサービス向けに提供されていた「WiMAX機器追加オプション」のように、1契約で複数のデバイスを切り替えて使うことが可能なオプションはWiMAX 2+向けには提供されておらず、サービスを利用するデバイスを切り替える場合はSIMカードを入れ替えて通信する端末を切り替える必要がある。このため、家ではURoad-Home2+を、外出先ではモバイル向けのWi-Fiルータを1契約で使うのは少々面倒。

URoad-Home2+の白ロムは以下にて。

URoad-Home2+ URoad-Home2+

株式会社シンセイコーポレーション
売り上げランキング : 8036

Amazonで詳しく見る by G-Tools