旅行で余った海外の紙幣・コインを国内空港や駅で電子マネーに交換する「ポケットチェンジ」 – 2016年7月より開始予定

ポケットチェンジは、海外旅行で余った外貨(紙幣・硬貨)を、国内の空港などに設置する専用のキオスク端末を使って、SuicaやEdyなどの電子マネーに交換できるサービスを開始することを発表。2016年7月よりサービスを提供予定。

専用のキオスク端末は、ポケットチェンジ社の提携先である楽天株式会社の本社に2016年6月(詳細日程不明)に設置、その後7月(詳細日程不明)には羽田空港国際線ターミナルに設置され、一般向けにサービスが開始予定。2016年6月1日現在の対応通貨は米ドル、ユーロ、日本円で、対応通貨は今後拡大の予定とのこと。

ポケットチェンジのプレスリリースは以下にて。

【日本初】海外旅行で余った外貨(お札・コイン)を電子マネーに交換できる画期的なサービスが羽田空港などに登場!|株式会社ポケットチェンジのプレスリリース

株式会社ポケットチェンジ(本社:東京都港区、代表取締役:青山新)は、海外旅行の際に余った外国硬貨・紙幣を投入することで、希望の電子マネーや各種ギフトコード、クーポンなどに両替できる専用キオスク端末を開発いたしました。
2016年6月中旬より楽天株式会社 本社社屋に、同7月には羽田空港に設置し、サービス提供を開始予定です。

■サービス開始日
2016年7月予定
→2016年6月中に楽天本社にキオスク端末を設置、その後7月に羽田空港国際線ターミナルに設置予定

■対応通貨
米ドル・ユーロ・日本円
→今後拡大予定

■対応電子マネーサービス
Suica・Edyなど?(プレスリリースには記載なし)
→非接触ICカード型電子マネーは端末搭載のリーダー/ライターにかざせばチャージ可能

■交換レート
不明

ポケットチェンジ社によると、旅行先から持ち帰りされ、利用することのない「眠った外貨」は、日本国内だけでも年間3,500億、グローバルでは約10兆円規模とされている。

日本人海外旅行者1,650万人、そして伸び続ける訪日外国人(インバウンド)2,000万人、そしてグローバル12億人の海外渡航者の全てが、このような状況に直面する中、その市場規模は日本国内だけでも年間3500億、グローバルには約10兆円とも推定され、これまで見過ごされてきた大きな市場と考えられます。

プレスリリースおよびサービスを紹介するWebサイトの情報だけではわからない点(対応する電子マネーサービスや、交換レートなど)もあるものの「余った外貨を有効活用する」というコンセプトは、渡航先の外貨を眠らせている方には嬉しいサービスと言える。

POCKETCHANGE
余った外貨を電子マネーに交換!ポケットチェンジ