ドコモ:他社iPhone 5の下取りを2.2万円 → 1.1万円へ減額

ドコモは、下取りプログラムにて良品を2.2万円で下取り(または買取)するとしていた他社iPhone 5の下取り価格を、7月20日(水)より2.2万円→1.1万円へ減額。また、同日より複数の機種で下取り価格の減額を行っている。

■他社iPhone 5の下取り額が11,000円に減額
ドコモ:他社iPhone 5の下取り額を11,000円に減額
掲載元:キャンペーン・イベント情報 : 下取りプログラム | NTTドコモ

ドコモの下取りキャンペーンは、6月下旬より下取り価格を増額。他社iPhone 5や自社の古い機種(Xperia Z2やGalaxy S5など)の下取り価格を大幅に増額した。その後、他社端末の下取りを前回下取りから3カ月経過していること(関連エントリ)を条件にするなど、ルールの変更を繰り返しながらキャンペーンが継続している。

iPhone 5などの機種に関しては下取り価格が減額されたものの、ドコモが過去に販売したAndroidスマートフォンなどが(従来と比べて)高値で下取りされることには代わりが無いので、古いドコモ機種が手元に残っている方は下取りした場合の価格をチェックしてみることをオススメ。

なお、ドコモが販売した機種に関しては回線を解約済みであっても下取り(または買取)対象となっているので、自分または家族がドコモを使っており古い機種が眠っている方は下取りプログラムを有効活用することをオススメ。
関連エントリ:ドコモの下取りプログラムは回線解約済みドコモ端末も下取り・買取の対象 – 二年前のAndroidスマホや他社iPhone 5が2.2万円相当に | shimajiro@mobiler