ドコモ、年内にiモードケータイの出荷終了を発表、iモードサービスは継続提供

NTTドコモは、ドコモ ケータイ(iモード)の出荷を2016年11月から12月を目処に終了することを発表。今後、ドコモケータイの購入を求める契約者に対してはドコモ ケータイ(spモード)を販売していく方針。

ドコモ ケータイ(iモード)の出荷終了に関するお知らせは以下にて。

ドコモからのお知らせ : ドコモ ケータイ(iモード)出荷終了について | お知らせ | NTTドコモ

平素は、弊社商品・サービスをご利用いただき、誠にありがとうございます。

ドコモ ケータイ(iモード)は2016年11月~12月を目途に出荷終了し、在庫限りで販売終了いたします。ドコモ ケータイをお求めのお客様にはドコモ ケータイ(spモード)をご用意しております。
ドコモ らくらくホン(iモード)については当面出荷継続いたします。
iモードサービスは今までと変わらず引き続きご利用いただけます。

ドコモ ケータイ(iモード)の出荷は終了となるものの、iモードサービスについては従来通り提供を行うとしており、現時点でiモードサービスの終了予定などはアナウンスされていない。

ドコモが発表している契約数によると、2016年3月時点でのiモード契約数は約1,877万契約で、2017年3月には1,540万契約に減少を見込んでいる。なお、iモード契約数は2012年3月時点では4,200万契約となっていたため、5年間で約3分の1程度に減少が予想されている。

■ドコモ:契約数など
ドコモ:契約数など
掲載元:年度事業データ | 企業情報 | NTTドコモ