ASUSのZenFone 3、台湾で25,600円の機種が国内で43,000円はボッタクリ?を考える

ASUSは、国内向けにZenFone 3シリーズを正式発表。

国内向けに発売されるZenFone 3シリーズの中で最も安いモデルは税別39,800円で、台湾向けに販売されている同機種が7,990台湾ドル(約25,600円)となっているのに対して、国内価格が割高に感じる方も多いかと思う。(率直に言えば、価格そのものは安く無いとは感じるところ)

■日本向けに発表されたZenFone 3シリーズの価格比較

機種名 型番 日本価格
(税別)
台湾価格
(税込)
ZenFone 3
5.2インチモデル
ZE520KL 39,800円 7,990台湾ドル
(約25,600円)
ZenFone 3 Deluxe
5.5インチモデル
ZS550KL 55,800円 販売なし
ZenFone 3 Deluxe
5.7インチモデル
ZS570KL 89,800円 24,990台湾ドル
(約80,000円)

■台湾向け ZenFone 3 ZE520KLは7,990台湾ドル(約25,600円)
台湾向けのZenFone 3 ZE520KLは7,990台湾ドル

■国内向け ZenFone 3 ZE520KLは税別39,800円→税込約43,000円
国内向けのZenFone 3 ZE520KLは税別39,800円→税込約43,000円

基本的には同一モデルでありながら、国内向けのZenFone 3価格が割高な理由として、国内向けのカスタマイズ対応が挙げられる。国内向けのカスタマイズ対応などの一例は以下。

・auVoLTEへの対応
・国内での通信機器の利用に必要な各種認証の取得
・日本語入力ソフトウェアATOKのプリインストールされている
・国内MVNOのAPNがプリセットされている

また、ASUSでは9月28日付けで並行輸入品に関しては日本国内での製品保証・サポート対象外になる旨のお知らせを掲載。タイミング的には「(日本価格よりも割安な)並行輸入品のZenFone 3はサポートしない」という意図であることは明らか。

お知らせ – ASUS Shop

ASUS JAPAN株式会社では、お客様に安心して弊社製品をお使い頂けるよう、
責任を持って日本国内正規品の輸入・販売・サポートしております。

並行輸入品に関しましては、製品保証・サポート対象外(※注)となります。

並行輸入品は日本国内正規品と仕様が異なり、日本国内での使用に制限がある場合があります。
また、非国内正規品のため、品質保証やサービスの提供は一切致しかねます。
ご購入に関するトラブルにつきましても、弊社では一切対応致しかねますので、ご購入の際は十分に
ご注意ください。

いわゆる平行輸入品が国内サポートの対象にならないのは、ASUSに限らず基本的にはどのスマートフォンメーカーもおおむね同一であり、ASUSが改めてこのタイミングでASUSがお知らせを行ったのは、並行輸入品の使用に関しては自己責任であることを改めて注意喚起する目的と言える。

話をZenFone 3に戻すと、国内価格と台湾価格で大きな差があるZenFone 3の価格差に、前述のような国内向けのカスタマイズや、製品保証並びにサポート対応が含まれている点を考慮しないのはフェアとは言えない。

ただし、単純に価格で比較すれば台湾では約25,600円で売られてる商品が国内向けに約43,000円で売られているように見えるのは事実で、これだけ大きな差があると国内向けのZenFone 3が「コストパフォーマンスに優れる機種」とは言い難く、競合機種と比較した際に台湾でのZenFone 3の位置づけと、日本でのZenFone 3の位置づけは大きく異なってくる。

ASUSが改めてお知らせを掲載したように、ZenFone 3として国内向けにサポートが受けられるASUSジャパンが販売する「税別39,800円のZenFone 3」(ここではZE520KLのみ考慮)であり、auVoLTEへの対応や、技適マークの電子表示に関しても並行輸入品のZenFone 3向けには行われないため、仮に両者がハードウェア的に同一の製品であったとしても、海外向けのZenFone 3と国内向けのZenFone 3は素直に別物と捉えた方がシンプルではある。

一方で、スマートフォンメーカーの中にはAppleのように販売国以外で購入したiPhoneでも修理や交換対象とするメーカーもあるので、いち消費者として考えればAppleのように「どの国で購入したiPhoneでも、原則として自国でサポートがうけられる」という方が安心して使うことができるのも事実。(ただし、iPhoneは国内外で価格差がほとんど無い)

そんなわけで、国内でサポートが受けられる機種はASUSジャパンの販売する正規品のみで、本体価格が(結果的に)割安な平行輸入品を使いたければ、サポートおよび製品保証に関しては自己責任になるというのが現状の整理となる。

とは言え、スマートフォンは「常に携帯するデバイス」であり、デバイスを購入した国に関わらず、旅行や出張などで滞在する先の国でサポートが受けられた方が便利なのは言うまでも無いので、ASUSに限らずグローバルでサポートが受けられる体制が広がって欲しいというのは個人的な思いではある。

ちなみに、ZenFone 3の通販価格はかなり値下がりしており、通販サイトで本体代は30,000円以下で購入することも可能。

ZenFone 3 ZE520Kの検索結果 – EXPANYS
ZenFone 3 ZE520Kの検索結果 - EXPANYS