國光客運、台北西駅A棟を10月29日で閉鎖、台北駅と桃園空港を結ぶ24時間運行バス「1819」の新乗り場は台北駅東三門に

台湾のバス会社「國光客運」は、台北駅に隣接するバスターミナル「台北西駅A棟」の閉鎖に伴い、台北西駅A棟発バスの乗り場変更を発表。日本から台湾を訪問する旅行客も多く利用している、台北駅から桃園空港に向かう1819系のバスは台北駅東三門が乗り場となる。乗り場変更は2016年10月30日より。

國光客運によるお知らせは以下にて。

國光客運 KUO-KUANG eBus
國光客運:台北西駅A棟閉鎖に伴う乗り場変更を発表、台北駅-桃園空港間は台北駅東門出発に変更

なお、台北駅と「東三門」および「北一門」との位置関係を見てわかる通り、上記の國光客運の地図は逆さまになっているので注意。台北駅東三門は、その名の通り台北駅の東側にある。

■台北駅 東三門
台北駅 東三門

台北駅 東三門をGoogleマップで表示させると以下。
※ただし、以下に掲載している場所はあくまでも1819系の「降車バス停」のため、「乗り場」とは微妙に位置が異なる可能性は考えられる点は注意が必要。

把握している範囲では、台北駅 東三門付近にはバスターミナルと言えるような設備は無いので、従来の台北西駅A棟発着と比べて、設備面では不便になる可能性も考えられる。
→発着場所の詳細確認などなどは、次回の台湾渡航(2016年11月中旬予定)のタイミングで確認予定。実際に現地を訪問した方からの情報もお待ちしていますm(_ _)m

なお、國光客運は2016年9月28日より台北西駅B棟での営業を終了、台北西駅B棟を出発するバスに関しては、台北駅北側に隣接する臺北轉運站(台北バスターミナル)へ移転済み。
関連エントリ:【台北】國光客運の台北西駅B棟が台北バスターミナルへ移転 | shimajiro@mobiler