Jabra STEELのファームウェアバージョンアップ方法

2015年12月に発売されたJabraのBluetoothヘッドセット「Jabra STEEL」のファームウェアバージョン方法のメモ。

「Jabra STEEL」のバージョンアップは、本体をWindows/Macと接続した上で、PC上でファームウェア更新用のプログラムを実行する必要がある。

Jabra STEELのファームウェア更新用アプリケーションのダウンロードは以下にて。
2017年11月現在、最新のファームウェアバージョンは1.20.0。

Jabra Steel | Support
※Windows用とMac用がわかれているので間違えないように注意。

■「Jabra STEEL」をUSB接続してファームウェア更新用アプリケーションを実行
「Jabra STEEL」をUSB接続してファームウェア更新用アプリケーションを実行

■更新用アプリケーションを実行
Jabra STEEL

■ファームウェア更新
Jabra STEELのファームウェア更新

ファームウェア更新は数分で完了した。

「Jabra STEEL」は2015年12月の発売直後に購入していたけれど、期待していた「うける」の音声での着信応答の使い勝手がイマイチだったことと、音声アシスタント(Google アシスタント / Siri)を起動する専用ボタンを押してから、実際に音声入力が受付されるまでに若干のタイムラグがありストレスを感じていたため、購入してから2年近くほとんど利用する機会が無かった。

ファームウェア更新による改善か、使用するスマートフォンが変更された(Galaxy S6 edge→Galaxy Note8)ことが理由かは不明ながら、ファームウェア更新後に軽く試してみたところ、「Jabra STEEL」の音声アシスタントボダンを使ったGoogle アシスタントの利用が十分実用的に使える感じだったので、もうしばらく使ってみる予定。

2015年12月時点(約2年前)の「Jabra STEEL」レビューは以下にて。
「うける」で応答できるJabra STEELのレビュー

Amazon.co.jpでの販売ページは以下にて。