据え置き型WiMAX 2+ルーター「L01」中古白ロムが4,499円

スポンサーリンク

UQコミュニケーションズおよびそのMVNOにて取扱いされている、据置型Wi-Fiルータ「Speed Wi-Fi HOME L01」の白ロムが、秋葉原のRmobileにて値下がり。1月29日(月)時点での販売価格は4,499円に。

■据え置き型 WiMAX 2+ルーター「L01」中古品が4,499円
据え置き型 WiMAX 2+ルーター「L01」中古品が4,499円

「Speed Wi-Fi HOME L01」は、WiMAX 2+で4×4 MIMOとキャリアアグリゲーションに対応、WiMAX 2+利用時の下り通信速度は最大440Mbps。

また、au 4G LTEにも対応しており、「ハイスピードプラスエリアモード」に設定すれば、WiMAX 2+のサービス提供エリア外(や、電波が弱いエリア)でau 4G LTEを利用することが可能。

ただし、ハイスピードプラスエリアモードを利用すると、追加料金が発生する場合があるほか、ハイスピードプラスエリアモードでの月間データ通信量が7GBを超えると、ハイスピードモード設定中でも速度制限の対象となる点は十分に注意が必要。

なお、Speed Wi-Fi HOME L01が対応するSIMカードはmicroSIM。最近のWiMAX 2+対応ルーターの中には、nanoSIMを採用する機種が登場しており、nanoSIMを採用する機種で契約したSIMカードをL01で利用することはできない点に注意。

L01と互換性のあるSIMカードが使われている機種として「URoad-Home 2+」や「novas Home+CA」でWiMAX 2+サービスを利用中の方は、SIMカードをL01に差し替えて使うことで通信速度の改善が期待できる。

既にWiMAX 2+ルーターを固定回線代わりに使っている方はもちろん、春の引越などなどで一時的にWiMAX 2+回線を固定回線として使う。という方にもオススメ。

「Speed Wi-Fi HOME L01」のAmazonでの販売ページは以下にて。