間もなく開始のWiMAX 2+のLTEオプション無料、「月間7GBの速度制限」が厳しいので注意

UQコミュニケーションズ(およびそのMVNO)は、WiMAX 2+対応のモバイルWi-Fiルータを「ハイスピードプラスエリアモード」で利用すると、月額基本料金とは別に1,005円/月の「LTEオプション」が無料となる新料金プランを2017年6月1日より提供開始予定。

新たに提供される料金プランでは、契約期間が2年間→3年間と長期化する代わりに、WiMAX 2+に加えてau 4G LTEも利用可能となる「LTEオプション」が無料で利用可能となる。

■ハイスピードプラスエリアモード設定時の「LTEオプション」が無料に
ハイスピードプラスエリアモード設定時の「LTEオプション」が無料に

UQコミュニケーションズのお知らせは以下にて。

WiMAX 2+サービスにLTEオプション無料プランが登場! | UQ WiMAX|超高速モバイルインターネットWiMAX2+

UQコミュニケーションズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:野坂 章雄、以下UQ)は、2017年6月1日(木)より、WiMAX 2+の新料金プランとして、月額1,005円のLTEオプション料が無料となる「UQ Flatツープラスギガ放題 (3年)」および「UQ Flatツープラス (3年)」の提供を開始します。

新料金プランの申込方法・対象プラン

●新料金プラン
・UQ Flatツープラスギガ放題 (3年):月額4,380円
・UQ Flatツープラス (3年):月額3,696円
※月額料金は税別

●プラン変更
サポートセンターへの電話または「My UQ」から申込可能
※UQコミュニケーションズが提供するWiMAX 2+サービスの場合

●プラン変更
変更申込月の翌月から適用

「ハイスピードプラスエリアモード」利用時は「月間7GB制限」に注意

LTEオプションの無料化は「指定のプランに加入すると、LTEオプションが無料となる」という、非常にシンプルなサービスとなっているものの、WiMAX 2+のみ(ハイスピードモード)で利用時にはあまり意識しない「通信量に応じた速度制限」に気をつける必要がある。

UQコミュニケーションズでは、2017年2月より直近3日間の通信量に基づく速度制限を「直近3日間の通信量が10GBを超えたら夜だけ速度制限」に内容変更した。

これに伴って、日中時間帯に関しては通信量に関係無く速度制限がかからないサービスが提供されている。

WiMAX 2+速度制限が3日10GB・18時〜深夜2時限定に制限緩和、制限時の速度は1Mbps程度に低速化
UQコミュニケーションズは、WiMAX 2+サービス向けの通信速度制限の内容を変更することを発表。新たな速度制限は2017年2月2日より適用が開始される。 UQコミュニケーションズのお知らせは以下にて。 WiMAX 2+サービスにおける速度制限の今後の対応について | U...

一方で、6月1日から(一部プランで)無料化されるLTEオプション料の発生条件となっている「ハイスピードプラスエリアモード」利用中の通信量に関して言えば、データ通信量が1カ月間に7GBを超えると、当月末まで通信速度が最大128kbpsに制限される。

この制限が厄介なのは、

・速度制限の内容が最大128kbpsと厳しい
・速度制限が当月末までずっと適用される
・ハイスピードプラスエリアモードだけでなくハイスピードモード(WiMAX 2+)も速度制限対象となる
・追加チャージを支払いすることで速度制限を回避するなどの方法が無い

といったあたり。

ハイスピードプラスエリアモードでの通信量が7GBを超えた場合の通信速度制限に関しては、WiMAX 2+サービスが提供開始された2013年10月から変更が行われていない。

速度制限に関するUQコミュニケーションズのWebサイトでの説明は以下。

UQ Flatツープラス ギガ放題|UQWiMAX|超高速モバイルインターネットWiMAX2+

UQ Flatツープラス ギガ放題は、月間のデータ通信量に上限がなく、通信速度制限(月間7GB超)が適用されません。ただし、LTEオプション対応機種の場合、ハイスピードプラスエリアモードで通信速度制限(月間7GB超)が適用された後は、ハイスピードモードの「WiMAX 2+」通信もその制限の対象となります。

ハイスピードプラスエリアモードでの通信量が7GBを超えた場合の通信速度制限に関しては、既に紹介の通り制限対象となる期間が「当月末まで」と長くなっており、なおかつ対象範囲には「ハイスピードモード(WiMAX 2+)」も含まれるなど、WiMAX 2+向けサービス向けの速度制限の中でもかなり厳しい部類の制限と言える。

WiMAX 2+サービス向けの通信速度制限は以下。

●WiMAX 2+サービス向けの通信速度制限

項目 3日10GB 月間7GB
制限対象となる通信量 直近3日間の通信量が10GBを超えた場合 通信量が月間7GBを超えた場合
通信量のカウント ・ハイスピードモード
・ハイスピードプラスエリアモード
・ハイスピードプラスエリアモード
制限対象期間 18時〜26時 当月末まで
制限時速度 最大1Mbps程度 最大128kbps
制限解除タイミング ・直近3日間の通信量が10GB以下となった場合
・制限対象期間(夜時間帯)となった場合
・翌月に月が変わった場合

エリア面での安心感は抜群、ただし通信量には注意

WiMAX 2+サービスのエリアも徐々に拡大しているとは言え、地方都市をクルマや電車などで高速移動中であったり、都心の地下鉄駅や地下街に関してはエリア化されていないケースも少なく無い。

また、圏外にはならなくても、一定以上の品質でデータ通信が行えないことがあるので「移動しながらデータ通信を行う」という用途で使う機会は、個人的には少なくなっている。

■関西国際空港第2ターミナル(国際線):WiMAX 2+が圏外
関西国際空港第2ターミナル(国際線):WiMAX 2+が圏外

理想を言えば、ハイスピードプラスエリアモード設定時でも、WiMAX 2+接続中については通信速度制限のための通信量としてカウントされなくなる上に、ハイスピードプラスエリアモードでの通信量が7GBを超える前に、データ通信を停止することができるような仕組みがあればいいなと思うところ。

au 4G LTEも利用可能となる「ハイスピードプラスエリアモード」で使えば、基本的にはエリア面での心配は無くなり、一定以上の速度でデータ通信が利用可能となるものの、普段WiMAX 2+でデータ通信量を気にせずにデータ通信を利用している方や、固定回線代わりにWiMAX 2+を使っている方はデータ通信量が月間7GBを超えないようにご注意を。

UQコミュニケーションズのサービス申込は以下にて。