ドコモがJapanTaxiと資本業務提携、近未来人数予測を活用した配車・d払い導入など

スポンサーリンク

ドコモは、タクシー配車アプリ「全国タクシー」を提供する「JapanTaxi」と資本・業務提携契約を締結したことを発表。JapanTaxiが第三者割当増資によって発行する株式をドコモが取得する。取得総額は22億5,000万円。

JapanTaxiが全国展開している、QRコード決済機能を搭載する広告タブレットに、ドコモの支払サービス「d払い」を導入するほか、ドコモが提供する「近未来人数予測」とJapanTaxiの配車プラットフォーム・広告プラットフォームを組み合わせたサービスの開発を検討する。

報道発表資料 : JapanTaxi株式会社と株式会社NTTドコモが資本・業務提携契約を締結 | お知らせ | NTTドコモ

JapanTaxi株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:川鍋 一朗、以下JapanTaxi)と株式会社NTTドコモ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:吉澤 和弘、以下ドコモ)は、本日、以下のとおり資本・業務提携契約を締結いたしましたので、お知らせいたします。

ドコモと資本・業務提携したJapanTaxiは、全国エリアでタクシーの配車が行える。ただし、東京都内では配車・予約に手数料が発生するタクシー会社が多いのが悩ましいところ。

タクシー配車アプリ「全国タクシー」が東京無線と提携。都内で1万台・全国6万台以上の配車に対応

「全国タクシー」のアプリダウンロードは以下にて。
※アプリは無料。

全国タクシー:タクシーが呼べる – Google Play のアプリ

「全国タクシー」をApp Storeで