千葉市がシェアサイクル利用状況を発表、利用区間は海浜幕張南口〜幕張ベイタウンが最多

スポンサーリンク

千葉市(千葉県)は、2018年3月より実施している「HELLO CYCLING」を活用したシェアサイクルの利用状況を公開。

■「HELLO CYCLING」(東京都内)
「HELLO CYCLING」

千葉都心エリアでの利用回数(月間)は4月時点の595回から9月には2,059回へと増加、幕張副都心エリアで2,258回→7,821回、千葉市全体での利用回数は、月間10,295回に。

自転車の回転数は1.05回。自転車の回転数は千葉都心部に比べて幕張新都心の方が高くなっている。

■利用回数・自転車回転数
利用回数・自転車回転数
利用回数・自転車回転数(幕張新都心)

利用区間別では、海浜幕張南口〜幕張ベイタウン(複数拠点)が月間約1,600回となり最多になった。2018年9月末時点でのステーション数は121、ラック数は872。

千葉市のシェアサイクル実証実験に関する詳細は以下にて。
千葉市:千葉市シェアサイクル実証実験

千葉市が実証実験として導入しているシェアサイクル「HELLO CYCLING」は、全国約1,200のポート(ステーション)での自転車のレンタル・返却を1つのアカウントで利用できる。

なお、東京都心部ではドコモ・バイクシェア系の「ちよくる」などが目立つものの、「HELLO CYCLING」は、自転車をレンタル・返却するステーション数が国内サービスとしては最多。

■ステーション(ポート)数は国内サービス最多
ステーション(ポート)数は国内サービス最多
「ロケスマ」調べ

中間報告(PDF)は以下。

「千葉市シェアサイクル実証実験」の中間報告をします
~半年で利用回数が約3.6倍に増加!サービス提供エリアを順次、拡大!~

利用者に対して実施されたアンケート結果は以下。
千葉市シェアサイクル実証実験に
関するアンケート

東京新聞の記事によると、今後は蘇我駅↔海浜幕張駅、蘇我駅↔幕張本郷の各駅周辺にステーションを設置予定とのこと。

東京新聞:千葉市が実証実験、シェアサイクル快走 4月→9月で利用回数3倍超:千葉(TOKYO Web)

熊谷俊人市長は「一三年の実験の教訓が今回の実験に生きている」と手応えを語る。市は今後、JR蘇我-海浜幕張と、蘇我-幕張本郷の各駅周辺に専用駐輪場を設ける予定。

HELLO CYCLINGのWebサイトは以下にて。
HELLO CYCLING