大分市のシェアバイク「ジョイフルバイク」スタート、電動アシストで30分150円・1日1,500円

スポンサーリンク

大分市にて、ドコモ・バイクシェアがシステム提供し、E&Hシェアマネジメントが運営事業者となるシェアバイク「ジョイフルバイク」が2018年10月1日にスタート。

利用料金は東京都内の「ちよくる」などの料金と同額で、1回会員は150円/30分、月額会員は2,000円/月で最初の30分間が乗り放題(以降30分100円)。1日パスは1,500円。事前に会員登録が必要。
※料金は税別。

ジョイフルバイクのWebサイトは以下にて。
ジョイフルバイク|大分自転車シェアリング(シェアサイクル)

「ジョイフルバイク」サービス概要

■提供開始日
2018年10月1日
※2019年3月末までの実証実験、以降は効果を見て継続判断

■提供エリア
大分市内

■ポート数
12カ所

■自転車台数
100台

■「ジョイフルバイク」ポート
「ジョイフルバイク」ポート

■ポート一覧
01.アートプラザ / ART PLAZA
02.祝祭広場(予定地)/ SYUKUSAIHIROBA(PLANNED SITE)
03.要町バスターミナル西 / KANAMEMACHI BUS TERMINAL WEST
04.大分市美術館 / OITA ART MUSEUM
05.大手公園 / OOTE PARK
06.ふないアクアパーク / FUNAI AQUA PARK
07.ドコモショップ金池店 / Docomo Shop Kanaike
08.ドコモショップ大分中島店 / Docomo Shop Oita Nakasima
09.南蛮BVNGO交流館 / NANBAN BUNGO KORYUKAN -Otomo Ruins Guidance Center-
10.中央町地下駐輪場 / Chuocho underground bicycle parking lot
11.フェリーさんふらわあ大分支店
12.大分銀行本店 / Oita bank Head office

TOSテレビ大分のWebサイト(動画あり)でのニュースは以下にて。

シェアサイクル 大分市で始まる|TOSニュース|TOSテレビ大分

ニュース映像や、Webサイトでの自転車の車体をみると、都内や各地で展開している「赤」を基調としたデザインではなく、黒っぽいカラーリングが施されている模様。

■東京都内で提供されるシェアサイクル(大田区)
大田区コミュニティサイクル