品川区も10月18日にドコモ系シェアバイクを開始!しかし他区連携は非対応

ドコモ・バイクシェアは、10月18日より「品川区シェアサイクル事業社会実験」を提供開始することを発表。品川区内に5箇所以上のサイクルポートを設置し、自転車を合計50台以上配備する予定。

ただし、品川区と同様にドコモ・バイクシェア系の自転車シェアリングサービスを提供している他区との連携には非対応となり、対応についても「将来的に参加に向けた検討を行う。」としており、やや消極的な対応に感じる。

ドコモ・バイクシェアのお知らせ(PDF)は以下にて。

品川区におけるコミュニティサイクルサービスの開始について(PDF)

サービス開始時点では、東京都内6区で既に実施中の自転車シェアリング(コミュニティサイクル)サービスとは連携をしていないのでご利用いただけませんが、将来的に参加に向けた検討をしてまいります。

品川区のように、ドコモ・バイクシェア系の自転車シェアリング事業を提供する一方で、既に広域利用が可能となっている他区との乗り入れに非対応な例は、大田区、練馬区に次いで3区目となる。

このうち、大田区および練馬区に関しては、サービス開始時点で隣接する区でドコモ・バイクシェア系のサービスが提供されていなかったため、他区との乗り入れに非対応となった可能性が高い。
(練馬区と新宿区は隣接するのでは?についてはここでは割愛。)

一方で、品川区については隣接する港区・大田区で既にドコモ・バイクシェア系の自転車シェアリング事業が展開されており、なおかつ品川区が他区との乗り入れに参加すれば、品川区だけでなく大田区も既存の7区(千代田区・中央区・港区・江東区・新宿区・文京区・渋谷区)との乗り入れが可能となり、利用可能エリアが一気に拡大することを期待していただけに、品川区の自転車シェアリングサービスが他区乗り入れに非対応となるのは残念なところ。

■「大田区コミュニティサイクル」も現状は他区乗り入れ不可
大田区コミュニティサイクル

品川区の「品川区シェアサイクル事業社会実験」が他区との乗り入れに非対応となる理由として考えられるのは、当初サービスが提供される(ポートが設置される)エリアが「京浜東北線の東側エリア」とされており、港区に隣接する北側および、大田区に隣接する南側にはポートを設置する予定が(少なくとも現時点では)無いため。という理由が考えられる。

品川区のWebサイトに公開されているポート設置場所は以下。

1. 品川区役所 広町2-1-36
2. 品川歴史館 大井6-11-1
3. 大井駅前公園 大井1-2-5
4. しながわ水族館 南大井2-10
5. 大森貝塚遺跡庭園 大井6-21-6
6. 天王洲アイル第一水辺広場 東品川2-3-21