経路検索にシェアバイクを含める「mixway」が「PiPPA」と連携、東京・京都・宮崎で

スポンサーリンク

駅すぱあと(ヴァル研究所)は、シェアバイク「PiPPA」(オーシャンブルースマート)は、2019年3月18日(月)よりシェアバイクのリアルタイム空き情報と電車・バスなどの公共交通機関を含めた経路検索サービス「mixway」の検索結果に「PiPPA」での移動を含めた検索結果表示に対応する。

ヴァル研究所のプレスリリースは以下にて。

株式会社ヴァル研究所|ニュースリリース|2019年03月15日 東京・京都・宮崎で展開するシェアサイクル「PiPPA」と「駅すぱあと」の複合経路検索サービスが連携開始!

経路検索サービス「駅すぱあと」を提供する株式会社ヴァル研究所(本社:東京都杉並区、代表取締役:太田信夫)は2019年3月18日(月)より、シェアサイクルと公共交通の複合経路検索サービス「mixway(ミクスウェイ)」において、株式会社オーシャンブルースマート(本社:東京都板橋区、代表取締役:小竹海渡)が運営するシェアサイクル「PiPPA(ピッパ)」と連携し、実証実験を開始します。

PiPPAの利用料金は30分ごとに100円(税別)。電車・バスなどの公共交通機関の「初乗り」と比較すると、初乗り運賃よりも割安になることが多いので「ちょっとの距離を移動」する場合、電車やバスなどと比較して割安になることも。(ただし、都合良くポートと自転車があれば…。)

あらたに「mixway」との連携に対応する「PiPPA」は以下にて。
PiPPA ピッパ | 自転車シェアサービス

「mixway」は2018年5月スタート、対象サービスを拡大中

シェアバイクのリアルタイム空き情報と、駅すぱあとを組み合わせた複合経路検索「mixway」サービスは、2018年5月に札幌エリアで提供されるシェアバイク「ポロクル」をサポートしてサービスをスタートした。

駅すぱあと×ポロクル(札幌)、公共交通機関とシェアサイクルを組み合わせた経路検索の実証実験

その後、2018年7月にはドコモ・バイクシェアが東京都内10区(現在は11区に拡大)で提供するシェアバイク「ちよくる」(など)でも利用可能に。

都内500ポートの「ちよくる」等ドコモ系シェアバイクと電車・バスの複合経路検索が可能に

今回新たに利用可能となるシェアバイク「PiPPA」は、東京都板橋区、豊島区、北区などを主要なエリアとしており、都内で(おそらく)最も利用者数が多い「ドコモ・バイクシェア」とは異なるエリア展開を見せている。東京以外では京都市・宮崎市でもサービスを提供中。

宮崎市で提供される「宮交PiPPA」の乗車レポート(2018年7月)は以下エントリにて。
宮崎市内でスタートしたシェアサイクル「宮交PiPPA」乗車レポート。会員登録・レンタル/返却方法の紹介

「PiPPA」を含めた「mixway」のWebサイトは以下にて。
複合経路検索サービス「mixway(ミクスウェイ)」
※2019年3月18日(月)公開予定

Google Mapには「ドコモ・バイクシェア」のポート表示

シェアバイクと経路検索アプリの連携として、2017年末にはGoogle Map上にドコモ・バイクシェアのシェアバイクポートが表示されるようになった。(ただし、mixwayのような経路表示には対応していない。)

■GoogleMap上にドコモ・バイクシェアのポートが表示
GoogleMap上にドコモ・バイクシェアのポートが表示
関連エントリ:ドコモ・バイクシェアのポートがGoogleMapsで表示可能に