【7pay】払戻期限は1月10日、9日時点で25万人・7,000万円が払戻終わらず

スポンサーリンク

セブン・ペイが提供していた「7pay」は、サービス開始直後に発生した不正利用などの影響で、2019年9月30日(月)24:00をもって全てのサービスを提供終了。その後、7payにチャージした残高の払戻手続を2020年1月10日(金)まで受付している。

7pay残高払戻は以下にて。

7pay払戻し特設サイト|セブン・ペイ
7pay残高の払戻しについて

ITMediaによると9日時点で払戻が完了していないユーザーは約25万人、残高は7,000万円に上るとのこと。

7pay、残高の払い戻し期限迫る 未払いの7000万円はどこへ行く? – ITmedia NEWS

セブン&アイ・ホールディングス傘下のセブン・ペイが運営していたモバイル決済サービス「7pay」の未使用残高の払い戻し受付が1月10日に終わる。9日時点で払い戻しを受けていないユーザーは約25万人、未払いの残高は約7000万円に上ることがITmedia NEWSの取材で分かった。

なお、7payの不正利用被害は、2019年7月31日時点で808人、約3,860万円と発表されており、不正利用の被害額より、払戻されない残高の方が大きくなる可能性も。

7payの不正利用被害に関するお知らせは、7payのWebサイトに掲載されている。

■7pay不正利用の被害は延べ808人、約3,860万円
7pay不正利用の被害は延べ808人、約3,860万円
掲載元:「7pay(セブンペイ)」 サービス廃止のお知らせとこれまでの経緯、今後の対応に関する説明について | 企業情報 | セブン&アイ・ホールディングス

報道によると、払戻受付期限の10日を過ぎても払戻を受付する可能性もあるものの、7payに残高を残している方は早めに残高の払戻を行うことをオススメ。

セブン・ペイ