ドコモ、不正アクセス対策でdアカウントの二段階認証設定を呼びかけ

スポンサーリンク

ドコモは、dアカウントへの不正ログインによって、公式オンラインストア「ドコモオンラインショップ」でスマートフォンを購入する被害が発生したことを受け、dアカウントの二段階認証設定を行うことを呼びかけ。

二段階認証が有効にされたdアカウントでは、ID/PWの組み合わせが正しく入力された場合でも、携帯電話番号宛にSMSでセキュリティコードが送出されるため、第三者による不正アクセスを予防することができる。

ドコモのお知らせは以下にて。

ドコモからのお知らせ : 不正なアクセス対策としての「2段階認証」ご利用のお願い | お知らせ | NTTドコモ

外部からの不正なログインにより、お客様のdアカウントが使用され、不正に取得したdアカウントを使い、ドコモオンラインショップにて商品を購入する事象が確認されております。ドコモでは、お客様のdアカウントを不正に利用できないよう「2段階認証」をご用意しており、この認証機能を利用することで第三者による不正ログインを防止することができます。

dアカウントの二段階認証設定は以下にて。

2段階認証とは | dアカウント
2段階認証とは | dアカウント

また、ドコモでは今回の不正アクセスによる端末購入被害を受けて、iPhone X/8/8 Plusのコンビニ受取を停止している。停止期間については明らかにされておらず、今後は最新モデルのiPhone(X/8/8 Plus)以外の機種もコンビニ受取の対象外となる可能性もあり得る。

ドコモオンラインショップでのiPhone X/8/8 Plusを対象としたコンビニ受取サービスの停止については以下エントリにて。

ドコモオンラインショップ、iPhone X/8/8 Plusのコンビニ受取を中止。不正購入事件への対応で

ドコモオンラインショップは以下にて。