シェアパック代表回線をドコモオンラインショップで5Gスマホに機種変更する方法

スポンサーリンク

ドコモの公式オンラインストア「ドコモオンラインショップ」で、シェアパックの代表回線を5Gスマートフォンに機種変更した。

シェアパック→5Gへの機種変更(契約変更)は、事前に料金プラン変更などなどの手続が必要で、一連の流れがそれなりに複雑だったので、必要な手続と料金プラン変更に関連する割引などのまとめ。

■シェアパック代表回線を5Gギガホに変更
200123_docomo_5G_logo.jpg

5Gスマホへの変更前にシェアパックの解約(予約)が必要

家族向けのパケットパック「シェアパック」を契約中の回線を5Gスマートフォンに機種変更する場合、既存のシェアパックを解約→5Gスマートフォンに機種変更とする都合上、既存のシェアパックを解約(予約)しないと、機種変更手続が行えない

■シェアパック・2台目プラスを契約中の場合は事前解約(予約)が必要
シェアパック・2台目プラスを契約中の場合は事前解約(予約)が必要

シェアパックの代表回線となっている場合には、あわせてシェアパック代表回線の変更が、ドコモ光セット割を適用している場合には、ペア回線の変更手続がそれぞれ必要。
※後者は手続上必須ではないものの、手続を行わないと割引が適用されない。

シェアパックの新しい代表回線や、光セット割のペア回線に新たに指定する回線が自分以外の名義の場合には、新たに代表回線となる名義人の同意が必要となる。(この同意が、電話で対応可能か?は不明。)

このほか、同一の電話番号をApple Watchやワンナンバーフォンで使用する「ワンナンバー」についても、機種変更前にいったん解約→5Gスマートフォンに機種変更後に再度契約が必要となる。(5G料金プランを契約中でも、ワンナンバーは申込可能。)

■5Gスマートフォン購入前に行った手続
・シェアパック、2台目プラスの解約
・シェアパック代表回線の変更
・「ワンナンバー」サービス解約
・「光セット割」ペア回線の変更

これらの手続は、ドコモインフォメーションセンター(151)への電話のほか、ドコモショップ店頭にて手続きが可能。

「光セット割」の適用範囲がシェアパックとギガホで異なる話

ドコモの固定回線「ドコモ光」と、モバイル回線の契約で割引が適用される「光セット割」の適用条件は、微妙に異なる。整理すると以下の通り。

・シェアパック
シェアグループ内に「ドコモ光」をペア設定するモバイル回線があること

・ギガホ(4G/5G)
ファミリーグループ内に「ドコモ光」をペア設定するモバイル回線があること

■ドコモ光セット割:ギガホとシェアパックを両方割引もok
ドコモ光セット割:ギガホとシェアパックを両方割引もok

シェアパックの場合は、シェアグループ内の「ドコモ光」とペア設定するモバイル回線があることを条件に、携帯電話の月額料金を割引する。ギガホの場合、同一ファミリーグループ内に、「ドコモ光」をペア設定するモバイル回線があることが条件となる。(5Gギガホも、4G向けのギガホも同一。)

このため、シェアパック内の回線を5Gスマートフォンに機種変更する場合でも、「ドコモ光」のペア設定する回線を引き続きシェアグループ内の回線に設定することで、シェアパックに対する割引と、5Gスマートフォンに機種変更する回線に関する割引(1,000円/月)が両方適用される。

頭金・事務手数料無料がメリット

ドコモオンラインショップで端末を購入するメリットに、頭金・事務手数料が全機種・全契約種別で無料になるメリットがある。

頭金・事務手数料の無料は、5Gスマートフォンンの購入にも適用される。店頭での待ち時間や、店内で他社と近接することによる新型コロナウイルスの感染予防になるメリットも。

■ドコモオンラインショップ:頭金・事務手数料が無料

5Gへの機種変更は「エクスプレス配送」の対象

5Gスマートフォンへの機種変更(契約変更)は、ドコモオンラインショップが東京都23区内限定で実施中の「エクスプレス配送」サービスに対応しており、条件を満たす場合は購入手続を行った日に、5Gスマートフォンを入手できる。

エクスプレス配送の手数料は税別3,000円。ただし、キャンペーンとして手数料が無料になるので、対象エリアの方はエクスプレス配送を利用してみるのもアリ。ただし、エクスプレス配送は配送可能な件数が限定されているので、受付が開始されたら速やかに配送手続を完了させることをオススメ。

ドコモオンラインショップのエクスプレス配送は以下。
※注文手続の完了後に、対象の注文受付番号と電話番号を入力して申し込みする。

エクスプレス配送 – ドコモオンラインショップ